【水道局指定工事店】名古屋のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » トイレの排水管が詰まり気味の時は業者に修理を依頼する方が安心

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの排水管が詰まり気味の時は業者に修理を依頼する方が安心

2021年06月19日 トイレのトラブル


トイレの流れが悪く詰まり気味の時はどうする?

トイレが詰まり気味で流れが悪い時、何をどうしたら良いのかわからず、ただ腕を組んで首をかしげるだけの人は多いでしょう。
もし、自分で修理すれば不要な支出を抑えられるのですが、どうしようもない場合は専門業者に依頼するしかありません。
症状によって自分で修理が可能かどうか調べる方法を解説してみます。

・水の流れが悪い
いつもの豪快な水の流れが感じられず、水の動きがのんびりとしていて、便器内に水が多く溜まっている状態であれば、詰まりを疑いましょう。
なぜ水の流れが悪いのか探る必要があるでしょう。
タンクの中に問題が発生していると、流れる水量が減っていき、その結果豪快な水流が起きなくなります。

・水のたまり具合がいつもと違う
便器にたまる水の量が通常より少なく見える場合は、何度も水を流してみてもいいのですが、もし、水量が増えてしまうことがあれば要注意です。

このまま、何度も水を流して様子を見ようと思った時に、水が流れずに便器内の水位が上がってきたら、溢れてしまう可能性が高くなります。
不安であれば一度水が流れる様子を見て、水位の変動を確認してみると良いです。
詰まりが感じられる時は、水位は上昇し続けて、やがて便器の水が溢れていきます。

・水が流れる時に変な音が聞こえる
水を流した時に、流れ落ちる奥の方から「カラカラ」とか「ガコンガコン」などという普段聞いたことがない音が聞こえたら、異物の詰まりを疑うべきです。

どんなに固い便であっても、流すときに変な音を立てることはありません。
ズボンを脱いでしゃがむ時に、ポケットに入れておいたものが便器に落ちた可能性が考えられます。
それに気づかず水を流してしまうと、初めて聞くような異音が聞こえることもあります。


トイレが詰まる原因を探る方法

トイレを正常に使うことで詰まりは確実に減らせます。
正常に使うとは、人間の糞尿関係以外のものを捨てないことです。
そして、タンクの水量を強制的に調整することは正常な使い方とは言えません。
トイレメーカーが設計した正しい使い方をしなかったことが原因で詰まりや水漏れが発生した場合、不要な費用を掛けて修理をしなければなりません。

・水に溶けづらい固まりを流した可能性はあるか?
トイレの詰まりがあれば、トイレに糞尿以外の固形物を流した可能性について探ってみるべきです。
水に溶けるものであれば糞尿以外に流すことは構いませんが、水に溶けずに固まりのままを流すと、詰まりの現象を見ることになります。

たとえば、水に溶けづらいトイレ拭きや、生理ナプキンや赤ちゃんの紙おむつなどは、水に溶けづらいので決して流すべきではありません。
犬や猫などのペットの糞は毛や石などが混じっていることが多いため詰まりの原因になります。
小さい子どもがおもちゃを落とすことも考えられます。
とりあえず、固まりのものを流した可能性を疑ってみるべきです。

・水を流す水圧は十分な強さか?
トイレの水を流す時は、十分な強さの水圧がない場合はうまく流れていきません。
勢いが強く流れていかないと、詰まる原因になるのです。
水圧が足りている時の水の勢いを目安にして、それよりも弱いと感じるようなら水圧が低いか、タンク内の水量が足りていないことが想像できます。

止水栓を閉めすぎると水量が多くなりませんから、タンク内の水量を確保するのに時間が掛かります。
止水栓の確認をする必要があるでしょう。

・食べ残しを流したことはないか?
よく聞かれるのが、カップラーメンの汁をトイレに流すことです。
汁だけ流しているつもりでも、残った麺や具材なども一緒に流れるので、量によっては詰まりが引き起こされます。
食べた残りでなくても、お酒を飲み過ぎてトイレで吐いた場合も詰まる原因になります。
トイレは糞尿と水に溶ける紙など以外は流さないように気を付けなければなりません。

・タンク内の水量は足りているか?
トイレの水を勢いよく出すため、トイレタンクの水を常に満タンにしておくべきです。
タンク内が空になったら、速やかに水を補充して満タンにするよう、止水栓の調整をしなければいけません。

節水目的でタンクの中に不要物を入れる人がいますが、必要な水量をタンク内で溜めておかないと、流す勢いが落ちて、その結果詰まりを起こしてしまう場合もあります。
水を溜めておくためのタンクですから、不要物を入れるのは避けるべきです。


トイレの詰まりを自分で解決できない時は、なごや水道職人にご連絡ください

トイレの詰まりを早く解決したい時は、あまりトイレをいじらずに、なごや水道職人にご連絡をしてください。

なごや水道職人は、名古屋市、豊橋市、岡崎市、半田市など愛知県のほぼ全域をカバーしているので、どこへでも1時間以内にプロスタッフが駆け付けます。
水回りのお困りごとがあれば、お気軽にご連絡をください。


名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315