【水道局指定工事店】名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » キッチンから出た白い水は大丈夫?水に色がつく理由と対処の仕方

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

キッチンから出た白い水は大丈夫?水に色がつく理由と対処の仕方

2021年03月29日 キッチンのトラブル
蛇口
普段は透明な水が出るはずなのに、白く濁った水が出たら目を疑います。
場合によってはその他の色になっていることもありますが、その原因は何なのでしょうか。
健康被害はないのか、どう対処すれば良いのかなど、心配になってしまう疑問を解消しましょう。

冬場に出る白い水はほとんどが自然現象

「キッチンでお湯を出したら白かった!」と驚いたとき、それは冬場ではありませんか?
実は冬場、蛇口から出たお湯が白く濁っているのは珍しいことではないのです。
また、そのまま飲んだり料理に使ったりしても、健康に被害が出ることはありません。
冬場のお湯を白く濁らせている犯人は空気です。水の中には空気(酸素や窒素、二酸化炭素など)が含まれています。普段は水に溶け込み、無色透明の水と同化している状態です。

しかし冬場、給湯器で急激に温められた空気は気体になります。
気体は気泡の状態で現れ、お湯を白く濁せる原因になるのです。
あの白さの正体は、普段から人間も吸っている空気にすぎません。
害はないので安心して使ってください。
また、その白さは時間が経ってお湯の温度が下がってしまえば解消し、ごく普通の透明な水になります。
無害と分かっていても見た目が嫌だな…と思うときには、しばらく待ってみましょう。

とはいえ、「時間が経っても白いままだな」と感じることが多ければ、空気以外の原因が隠されている可能性があります。
納得できない、何だかおかしいと感じたときには、お住まいの水道局に問い合わせを入れてみましょう。

亜鉛が影響していることも

「時間が経っても白いまま」なら、原因として考えられるのは、亜鉛の影響があります。
結論から言ってしまえば身体に害はなく、飲用・料理に問題なく使うことができます。
亜鉛が関係しているのは、各家庭や施設に水を供給している水道管です。
水道管には鋼管が使われており、この鋼管には亜鉛が含まれています。
水道管が劣化するとこの亜鉛が水に溶け出し、白い濁りとなってしまうのです。
亜鉛は摂取しすぎても身体から排出されるため、健康被害に敏感になりすぎなくても大丈夫です。

しかし、やはり気になる、臭いもする、と感じるのなら、水道局に意見を出してみるのも良い方法です。
水は人間にとって大切なものです。
遠慮なく意見をいったり、問い合わせしたりしましょう。

給湯器の内部の汚れが関わっている可能性

給湯器を長年掃除していないな…というご家庭なら、この原因も考えられます。
あまり清潔な話ではありませんが、給湯器の中の汚れが出てきてしまっているのです。
最近の給湯器、とくに貯湯機能がある給湯器なら、汚れを排出する機能がついています。

しかし、貯湯機能でも排出しきれなかった少量のお湯が蓄積され、湯垢となって出てくることも考えられます。
衛生的にも精神的にも、あまり良い状態とは言えません。
給湯器が原因で白い水が出るようになったら、メーカーや給湯器の知識を持つ専門業者に依頼して、点検や清掃をおこなうタイミングだといえるでしょう。

そのほかの色になったらこの原因

水は透明であってほしいものですが、白い水以外にも、蛇口から出てきたら少し注意が必要な色の水があります。
もしも不安を感じるような色の水が出たら、すぐに水道局に連絡してください。

1.赤い水
赤い水が出る理由としては2つ考えられます。1つは近所で水道管の交換や修理などの工事がおこなわれていることです。
水道管の中には赤サビができていることがあり、このサビが工事の衝撃で水の中に落ちてしまって蛇口から出てくるのです。しばらく水を流し続けると通常の透明な水が出てきます。

もう1つの理由としては、水道管の中で鉄バクテリアが繁殖している可能性です。
これは健康被害に通じる可能性が高いため、気付いたらすぐに水道局に通報しましょう。
解消するまで飲用・料理をはじめ、生活用水として利用しないことをおすすめします。

2.黒い水
黒いものが混ざった水が出る理由は二酸化マンガンです。
水に含まれているマンガンが、水道水に使われている塩素と反応して二酸化マンガンになります。これが水に混ざっている状態です。

マンガンは身体に悪影響を与える物質ではありません。飲んでも大丈夫です。
しかし洗濯用水として使うと衣服が黒ずんでしまうこともあるため、水道局に相談したほうが良い色だといえそうです。

3.青い水
光の屈折により、青い水に見えることもあります。
お風呂のお湯を貯めたときによくある現象です。

一方、給湯器から青い水が出るケースもあります。
給湯器に銅が使われていると、経年劣化で銅が溶け出し、青い水にするのです。
しかしこれは大変まれなことです。通常の給湯器なら色が変わるほどの銅は溶け出しません。
給湯器に不具合が生じている可能性が高いので、メーカーや専門業者に早めに相談してみてください。

回復しない&原因が分からないならプロに相談

水に色がついている原因が分かれば安心ですが、その色から透明にならなかったり、原因が分からないままでは心配になってしまいます。

なごや水道職人では、水に関するトラブルにすぐ対応致します。名古屋市の緑区、中川区、守山区、千種区、東区、西区はもちろん、広いエリアに駆け付けます。
事前お見積もりは無料、キャンセルも可能です。水回りでご不安を感じたり、トラブルが起こったときには、ぜひお気軽にご依頼ください。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315