名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 洗面台の排水管が腐食しやすい理由とは?トラブル発覚後の対処法も

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

洗面台の排水管が腐食しやすい理由とは?トラブル発覚後の対処法も

2021年02月08日 洗面台のトラブル

 
洗面所の水漏れは、排水管の腐食によって引き起こされるケースも少なくありません。ボロボロになった排水管を見て、「いったいなぜ…」と思う方も多いのではないでしょうか? 
今回は洗面所の排水管腐食トラブルが多い理由と、放置が危険な理由、トラブル発覚時の対処方法を紹介します。

排水管腐食の原因は温度差にアリ

洗面所の排水管は、その他の場所と比較して腐食トラブルに悩まされやすいと言われています。その理由は、温度差によって生じる結露にあります。気温の高い中、排水管の中を冷たい水が通れば、周辺部分に結露が生じます。常に水がたまっているトラップ部分は、特に結露が発生しやすい場所。もちろん結露が発生したからといって、すぐに排水管にトラブルが起きるわけではありません。しかし結露で濡れている時間が長くなればなるほど、腐食や水垢による負担は大きくなってしまいます。

家の中でも洗面所は、特に湿気が溜まりやすい場所です。お風呂場と直結しているケースも多いですし、家の北側に位置している洗面所には、日光も届きにくいでしょう。洗面台から続く排水トラップは収納庫の中に収められていて、普段からその様子を確認している方は少ないのではないでしょうか?扉を開ける機会が少なく、内部に物が詰め込まれていれば、風通しは悪くなってしまいます。より一層湿気がこもりやすく、結露が生じやすい環境が整っているというわけです。

排水管が腐食するリスクがあるのは、金属製のメッキ管です。近年主流となっている樹脂製排水栓トラップにおいては、腐食によるトラブルの心配はありません。洗面台の下を覗いてみて、パイプの種類を確認してみてください。もし使われているのがメッキ管であれば、今後の腐食の進行に注意する必要があるでしょう。

排水管の寿命は意外に短く、約20年です。設置から20年以上が経過していれば、トラブル発生の可能性が高くなります。また排水管のトラップ部分が白くなっている場合は、すでに腐食が進行しています。
問題を放置せず、できるだけすぐに対処しましょう。

腐食した排水管を放置するとどうなる?

排水管の腐食トラブルが発覚したら、すぐに交換して修理しましょう。「腐食しているかもしれないけれど、特に今は困っていないから…」と油断するのは禁物です。腐食した排水管を放置すれば、以下のようなトラブルにつながる可能性があります。

・排水管の破損による大量の水漏れ
・排水詰まり
・悪臭や異臭の発生

もっとも注意したいのが、洗面所の床下への大量の水漏れです。一戸建てで、自宅の床が水浸しになる程度であればまだ良いのですが、マンションやアパートでは、階下への水漏れトラブルにつながってしまう可能性があります。腐食してもろくなった排水管は、いつ破損してもおかしくはありません。すでに腐食が始まっているなら、水漏れの後がないかどうかを確認し、早急に交換してください。

また排水管の腐食によって引き起こされるトラブルは、目に見えるものだけではありません。排水管の内側で腐食が進行すれば、内部が詰まって水が流れなくなってしまう可能性もあるでしょう。腐食した部分には汚れが付着しやすく、悪臭や異臭の原因になってしまいます。排水管内部の状態にまで、日常的に気を配るのは難しいものです。気づかないうちにトラブルを進行させないためにも、早めの対処を心掛けましょう。

新しい排水管に丸ごと交換するのがおすすめ

排水管が腐食した場合の対処法は、傷んだ部分を取り除き、新しい部品に交換するしかありません。素材そのものの劣化なので、「穴をふさぐ」「止水用テープを巻いて対処する」等の対策では、根本的な解決には至りません。応急処置で様子を見ているうちに、より深刻なトラブルが発生してしまう可能性もあるので、できるだけ早めに交換するのがおすすめです。

自宅の排水管と全く同じ部品を手に入れられれば、DIYでの修理交換も可能ですが、実際には難しいもの。市販品の中から、ぴったり合うものを見つけられない可能性もありますし、微妙にサイズが異なる製品を取り付けてしまい、後から別のトラブルが発生するケースもあります。排水管の修理交換は、プロの修理業者に依頼するのがおすすめです。自宅の排水トラップに合う部品で、早急に修理してもらえるでしょう。

業者に修理を依頼する場合に気になる修理料金についてですが、15,000円~30,000円程度が相場となります。ただし排水トラップと共に水栓本体の交換も必要となる場合、修理費用はアップします。50,000円~60,000円が目安となりますから、事前に見積もり書を作成してもらい、納得した上で契約を結ぶようにしてください。劣化した排水管を交換すれば、また問題なく洗面台を使い続けられるでしょう。
洗面台そのものを傷めないためにも、排水管の交換修理工事は早めに実施してください。

排水管の交換もなごや水道職人が対応します

洗面所の排水管が腐食したら、できるだけ素早く交換しましょう。修理実績豊富ななごや水道職人が、名古屋市天白区や名古屋市守山区、名古屋市東区などをはじめとする名古屋市を中心に愛知県全域で、現場に急行して修理いたします。すでに水漏れが発生している場合でもご相談ください。
水回りに不安があると、快適な生活が脅かされてしまいます。「こんなときどうしたら?」と思ったときには、なごや水道職人が徹底サポートいたします。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315