名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 水道のジャバラホースが破損する原因や対処法を詳しく紹介

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水道のジャバラホースが破損する原因や対処法を詳しく紹介

2020年12月27日 水のトラブル


水道のジャバラホースは破損しやすく、長年使っているとその可能性は高くなります。
このジャバラホースの破損に気づかないまま水道を使い続けていると、水漏れ、腐食などの二次被害を引き起こします。

こちらの記事では、ジャバラホースの破損を発見したときにすぐできる対処法や、ジャバラホースが破損しにくくなる正しい使い方について解説していきます。

ジャバラホースが破損する原因

ジャバラホースは、鉄製やプラスチックなどがあります。
一昔前は鉄製が主流でしたが、近年では錆つきなどのトラブルの心配がないプラスチックが多く使用されています。
自由な動きができるようにとの設計ですが、その分もろく、劣化も進みやすいです。

長年使用するうちに経年劣化が進み亀裂が入り、破損へとつながります。
キッチンの水道のジャバラホースはシンク下の収納スペースにつながっていることも多く、食器がぶつかるなどの衝撃で破損することもあります。
また無理にジャバラホースを動かそうとすると力の入れ方によっては破損してしまうこともあり、取り扱いには十分な注意が必要です。


ジャバラホースが破損したときの3つの対処法

ジャバラホースが破損したら、すぐに応急処置を施しましょう。
水漏れ被害がひどくなると、自宅だけでなく階下や近隣にも被害が及びます。
破損箇所の対処法を3つ紹介します。

1.ビニールテープを巻きつける
ジャバラホースが破損したときの応急処置としては、ビニールテープを巻きつけるという方法があります。
破損している箇所を確かめて、水気を拭き取ってから隙間なくビニールテープをしっかり巻きつけましょう。

使用するのは防水のビニールテープがおすすめです。
しかしこの方法のままでは、使い続けるうちに水が漏れてきます。
あくまでも応急処置として利用し、すぐに新しいジャバラホースと交換しましょう。

2.樹脂製のパテで破損箇所を埋める
ホームセンターには樹脂製のパテが売られています。
これを利用して、ジャバラホースの破損箇所を埋めるという方法です。

DIYに慣れている方ならスムーズにできます。
しかし慣れていない場合は、失敗して再び水が漏れてしまう可能性があります。
不安な場合はやめておきましょう。

3.水道修理業者に交換してもらう
1度破損したジャバラホースを元に戻すことはできないため、新しいものと交換する必要があります。

水道のジャバラホースの交換は難しく、ご自身で行うと余計に事態が悪化してしまいかねません。
水道修理業者に依頼し、正確な部品と交換してもらいましょう。
水道修理業者が来るまで時間がかかる場合は、上記のような方法で一時的に水漏れを防いでください。


ジャバラホースの破損を防ぐ正しい3つの使い方

ジャバラホースは経年劣化によって破損しやすくなってしまいますが、できるだけ長く破損を防ぐ使い方もあります。
どのような方法でジャバラホースを使っていれば良いのか、その方法を紹介します。

1.調理器具などがぶつからないようにする
キッチンのシンク下の収納スペースにジャバラホースがある場合は、食器や調理器具がジャバラホースにぶつからないように注意しましょう。
鍋の取っ手などに強い衝撃を与えられることでジャバラホースが破損しやすくなります。
収納スペースを棚で区切るなど、ジャバラホースに直接触れないようにしてください。

2.熱湯や強い洗剤を頻繁に流さない
熱湯をシンクに流すと、ビニールや樹脂製のジャバラホースの劣化につながります。
ぬるま湯にしてから流すなどの配慮が必要です。

また、排水口のぬめりを取るために強い洗剤を直接流し込む方もいますが、ジャバラホースの劣化を防ぐなら使用頻度を落としましょう。
食べかすなどを溶かす洗剤は、ジャバラホースの素材に対応しておらず溶かしてしまう可能性もあります。

3.断熱シートを巻きつける
寒暖差が激しい地域では、ジャバラホースが凍結してしまうこともあります。
いきなり温かいお湯が流れることで凍結していたジャバラホースに強い衝撃が走り、破損してしまう可能性が高くなります。

寒い地域にお住まいの方は、ジャバラホースに断熱シートを巻きつけるなどして凍結対策をしましょう。
朝一番に使うときは室内を温めてから使う、いきなり温水を使わないなどの配慮も必要です。


水道のジャバラホースの破損に注意しよう

水道のジャバラホースの破損について、応急処置や予防方法を解説しました。
1度ジャバラホースが破損してしまうと、水漏れ、腐食などの原因になり危険ですし、ご自身で元通りにするのは難しいです。

応急処置として本記事で紹介した対処法をして、なるべく早く水道修理業者を呼んで、すぐに解決してもらいましょう。
水道修理業者に相談する際は事前に見積もりをとり、水道局指定業者か否かなど安心して相談できる業者かどうか見極めることも大切です。
アフターケアや割引などもチェックして、地域に密着したサービスを行っている水道修理業者を選びましょう。


名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315