【水道局指定工事店】名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 節水トイレがつまりやすい理由やつまらせないための予防策を紹介

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

節水トイレがつまりやすい理由やつまらせないための予防策を紹介

2020年12月27日 トイレ


水道代を節約したい、地球に優しくしたいなどの考えをお持ちの方に多く選ばれているのが節水トイレです。ただ、節水トイレはつまりやすい傾向にあるのも事実です。
本記事では、節水トイレはなぜつまりやすいのか、予防策はあるのか、節水トイレがつまってしまったときはどう対処すれば良いのかについて紹介します。
節水トイレの導入を検討されている方、節水トイレにしてからつまりやすさが気になるようになったという方はぜひチェックしてみてください。

節水トイレがつまりやすい3つの理由

節水トイレは一般的なトイレと比べるとつまりやすいと言われています。
節水トイレがつまりやすくなる理由をチェックして、対策を考えてみましょう。

1. 節水トイレは流れる水量が少ない
節水トイレは流れる水の量が少なく、結果必要以上な水を使わずに済みます。
しかし、その分普通のトイレだと十分に流せるものでも流しにくくなってしまいます。節水トイレは水の量を抑えて重力を利用して流しますが、それでも不十分なケースもあります。

2. 節水トイレは水圧を確保できない
トイレは大量の水で流すだけでなく、水圧によってもスムーズに流れるような仕組みになっています。
ですが、立地によっては水圧を十分に確保できないこともあります。マンションの高層階や山の上、丘の上にある家では排水管にうまく勾配をつけられません。
このような立地の家では節水トイレがとくにつまりやすく、結局水量を増やすしかありません。

3. 排水管の劣化・汚れで流れにくくなっている
節水トイレが原因ではなく、排水管の劣化や汚れが原因でつまりやすくなっている可能性もあります。
トイレが古くなってきたから新しく買い換えるというとき、排水管はそのままにして節水トイレを導入すると節水トイレがつまりやすくなったように感じます。

排水管は長年使い続けることで尿石などの汚れがつきやすくなり、流れがスムーズではなくなってしまいます。この場合はトイレを買い換えるだけでなく排水管の交換など大掛かりな改修が必要です。


節水トイレのつまり予防策3選

節水トイレがつまりやすいと感じたとき、また事前に節水トイレのつまりを予防する際、どんな点に注目すれば良いのかについて解説します。
水量を増やす、必要以上のものを流さないなどの工夫をして、節水トイレのつまりを未然に防ぎましょう。

1. 水量を調節して増やす
節水トイレには水量を調節できるものが多いです。この水量を調節することで、節水トイレのつまりやすさを改善できます。
水量を増やしても普通のトイレよりは節水できるものも多いので、ギリギリまで水量を抑えているという方はもう少し水量を増やしてみましょう。

2. トイレットペーパーを使い過ぎない
トイレに流すものが多すぎると節水トイレはとくにつまりやすくなってしまいます。一度に大量のトイレットペーパーを使わないようにするなどの工夫をしてみてください。
トイレットペーパーをダブルからシングルにする、ご自身だけでなく家族全員に協力してもらうなどの工夫が必要です。

3. 大のレバーを使うようにする
節水したいからと小のレバーを使っているという方は多いです。
しかし、節水トイレはただでさえ水量が少ないので、小レバーばかりを使っているときちんと流れず、結果的につまりやすくなってしまいます。トイレットペーパーを使ったなら必ず大レバーを使うようにしましょう。


節水トイレがつまったときの対処法

節水トイレがつまってしまったときの対処法を紹介します。
これらの方法で、簡単なつまりならすぐに解消できます。

1. ぬるま湯を数回に分けて流す
節水トイレがつまったら、まずはぬるま湯を数回に分けて流す方法を試してみてください。
ぬるま湯がトイレのつまりの原因を溶かし、スムーズに流れるようにしてくれます。熱湯を勢いよく注ぐと便器を傷つけてしまう可能性があるので、あくまでもぬるま湯を用意するようにしてください。

2. 食器用洗剤を流す
油分やタンパク質が多く含まれる排泄物やトイレットペーパーは、食器用洗剤でも分解できます。
トイレや排水口のつまり用の洗剤がない方は、食器用洗剤を直接便器に注いでみてください。数分放置してからぬるま湯で流せば、スムーズに流れるようになります。


トイレのつまりは無理せず水道修理業者を

上記の方法を試しても節水トイレのつまりが解消しない場合は、水道修理業者に相談しましょう。
弊社は、愛知県名古屋市にお住まいの方の水道のトラブルを数多く解決してきた実績があります。相談や見積もりは無料、web限定の割引など、使いやすいサービスも充実しています。
節水トイレのつまりでお悩みの方は、被害が大きくなる前に弊社を利用してみてください。


節水トイレのつまりを未然に防ごう

節水トイレは水を節約でき、お財布にも環境にも優しいというメリットがある一方で、ややつまりやすいというデメリットもあります。節水トイレを使っている方はつまり対策を徹底して、トラブルを未然に防ぎましょう。
節水トイレでつまってしまった場合には、弊社などお近くの水道修理業者に迅速に相談することも大切です。


名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315