名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » トイレのペットボトル節水法がおすすめできない2つの理由

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレのペットボトル節水法がおすすめできない2つの理由

2020年07月01日 トイレ


トイレの水を節約する方法として、トイレタンクにペットボトルを入れる方法があります。一度に使用する洗浄水が減るため、高い節水効果が期待できます。一方で、トイレの流れが悪くなり排水管がつまってしまう、トイレタンク内部部品の動作不良や故障を引き起こすといったリスクがあります。

今回は、トイレのペットボトル節水法の注意点と、おすすめできない2つの理由を詳しく解説いたします。

トイレのペットボトル節水法の注意点

トイレの節水方法のひとつに、トイレタンクに水の入ったペットボトルを入れ、タンクの中の水をかさ増しする方法があります。
たとえば、タンクの中に2リットルのペットボトルを入れておけば、トイレタンクに給水される1回分の洗浄水がその分節約される、というしくみです。
一昔前にテレビや雑誌で紹介されたことから、現在でもトイレのペットボトル節水方を行っているご家庭もいることでしょう。

しかし、この方法は決しておすすめできる節水法ではありません。
なぜなら、洗浄水が少なくなるせいで、

・排泄物がしっかり流れない
・紙詰まりなどの原因になる

といった問題が起こる可能性があるからです。

また、ペットボトルがタンク内のパーツに干渉し、動作不良の引き起こす場合もあります。

どうしてもペットボトルを使って節水をしたい場合は、ペットボトルは500ミリリットル〜1リットルに留め、ペットボトルをタンク内にしっかり固定する工夫が必要です。


トイレのペットボトル節水法が故障の原因になる?

トイレタンクにペットボトルを入れることで、さまざまなトラブルに発展する可能性があります。まずはトイレタンクの構造と、水が流れるしくみをご紹介します。

トイレタンクの中には、

・タンク内の給水を調節するボールタップ(浮玉)
・タンク内の漏水を防止するオーバーフロー管
・タンクの中の水を便器に流したり止めたりするフロートバルブ
・レバーハンドルとフロートバルブをつなぐ鎖

といった部品が設置されています。
使用前のトイレタンクには、オーバーフロー管の「ウォーターラインマーク」という目印の2〜3センチ下にまで水が溜っています。これが所定量です。
用を足したあと、水を流すためにレバーハンドルを回すと、レバーとつながったフロートバブルが持ち上がり、トイレタンクの中の水が便器へと流れていきます。

水が流れ終わると、フロートバルブが自動的に閉まり、少なくなった水量とともにボールタップの浮玉も下がります。するとタンク内の給水が始まり、ボールタップの浮玉が水の所定量まで上がったところで給水が止まります。

このように、トイレタンクは便器に「正しい量」の水を流し、再び所定量の水を溜めるための大切な部品が数多く設置されているのです。

ペットボトルをトイレタンクに入れることで起こる具体的なトラブルしては、次の2つが挙げられます。

1. ペットボトルが接触して動作不良や故障の原因になる
ペットボトルは水に浮く特徴があるため、トイレタンクの中にいれると、浮力で不安定な状態になります。結果、ほかの内部部品に接触し、動作不良を引き起こたり、最悪の場合は故障の原因になったりする場合もあります。

タンク内の鎖がペットボトルに絡まって下がらなくなり、水が出しっぱなしになってしまう可能性もあります。ペットボトルをタンクに入れるのは、リスクが高い行為といえるでしょう。

2. トイレの流れが悪くなり排水管がつまってしまう
また、ペットボトルでトイレに流す水の量を減らすことで排泄物や
トイレットペーパーが流れにくくなり、排水管がつまってしまう可能性もあります。場合によっては高圧洗浄などが必要になり、専門業者へ依頼しなければならなくなります。

確かに、流す水が減ればそれだけ節水にもつながります。しかし、そのせいで高額な修理費用が必要になっては元も子もありません。
トイレの節水は、大と小を使い分けることでも十分効果があります。トイレに負担をかけるような無理な節水法は控えましょう。


トイレのペットボトル節水法で故障したときには

節水目的でトイレタンクにペットボトルを入れたせいで、タンク内部が故障してしまった、トイレの水が止まらなくなってしまったといったトラブルが発生した場合は、専門の業者に修理依頼をしましょう。

名古屋市内でのトイレトラブルの修理・相談なら、なごや水道職人がおすすめします。365日24時間電話受付しており、電話受付後最短30分で現場に到着します。


トイレのペットボトル節水法はトイレつまりや故障を引き起こす

トイレタンクにペットボトルを入れる節水法は、節水効果がある反面、トイレお動作不良や故障といったリスクが生じます。
節水目的で行ったつもりが、結果的に大きな出費につながってしまう可能性もあるため、避けたほうがよい節水法といえます。

現在トイレのペットボトル節水法を実践している場合は、できるだけ早く、トイレタンクからペットボトルを取り出した方がよいでしょう。
すでにトイレが流れにくいなどのトラブルが発生している場合は、専門業者に相談することをおすすめします。


名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315