名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 水道管に錆ができる2つの原因とその対処法を解説

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水道管に錆ができる2つの原因とその対処法を解説

2020年07月01日 水のトラブル


水道管の錆は、水道管の材質である鉄が水道水の塩素に反応し、老朽化で酸化が進行していくことが原因です。
水道管の錆が溜っていくと、水道水に錆が混じり、赤い水となって蛇口から流れてくるようになります。

赤水が出た場合は、配水管または給水管のどちらに錆ができているのかを確認し、配水管なら水道局、給水管なら指定水道工事事業者への管内洗浄・更新工事依頼が必要です。
本記事で詳しく解説いたします。

水道管に錆ができる2つの原因

蛇口から赤い水道水が出たら、それは赤錆によるものです。「赤水」と呼ばれ、水道管内部の錆が水と一緒に流れ出ていることで薄い紅茶のような色になったり、ひどいときには赤茶色の濁った水に変色します。
また、引っ越したばかりで使い始めの蛇口から出る水など、色は問題ないにも関わらず、鉄の味や金属臭を感じることがあります。これも錆の影響で、赤水になる手前の症状です。

水道管が錆びる原因としては、次の2つが挙げられます。

・水道管が鉄でできていること
・水道水には鉄を酸化させる塩素が含まれていること


水道管の材質は鉄です。鉄は金属のなかでも錆びやすい材質のため、経年による錆・腐食が避けられません。そのうえ、水道管は塩素を含んだ水道水で常に満たされています。塩素は水道水の殺菌や雑菌の繁殖を抑えるためのものですが、強力な酸化剤という側面も持っています。そのため、水道管の錆はどんどん進行してしまうのです。

近年、水道管にはさまざまな防腐・防食対策が施されていますが、それでも完全に錆を防ぐには至っていません。


水道水に錆が混じることで生じるデメリット

水道水に錆が混じった赤水には、生活用水として使用することはできますが、飲用はできません。

錆の元である鉄は、人体への吸収率が低い成分です。赤水を誤って飲んでしまったとしても、少量なら問題はありません。しかし、少量とはいえない量を飲んでしまった、または少量でも人によっては下痢や嘔吐といった症状が出る可能性があります。特に乳幼児や高齢者は注意が必要です。


蛇口から錆が出たときの対処法

蛇口から赤水(錆)が出たときは、まずはしばらく水を出しっぱなしにしてみましょう。配管の水を入れ替えることで水が透明に変わるか、または赤水が出続けるかを確認するためです。

しばらくして赤水が透明に変わった場合は、水道工事や事故によって一時的に断水した影響で赤水が出ていた可能性があります。
こういった場合は事前に告知されるはずですので、必要な分の飲用水を前もって確保しておきましょう。

赤水が出続ける場合は、水道管の老朽化によって酸化が進行し、錆がひどくなっていることが原因でしょう。水道管の洗浄、あるいは更新(取替)工事が必要です。
飲用を控え、すみやかに地域の水道工事事業または水道局に連絡しましょう。場合によっては、一般家庭でも無料の水質検査が受けられます。


錆が出ているのが配水管か給水管かによって対処方法が異なる

老朽化によって錆が出ているのが配水管なのか、あるいは配水管から家庭につながっている給水管なのかで、対処方法が異なります。

配水管の錆が原因で赤水が出ている場合は、住んでいる地域の水道局が調査・洗浄・更新工事を行います。
一方、給水管の錆が原因の場合は、各都道府県の指定水道工事業者に連絡し、給水管の管内洗浄、または更新工事を行いましょう。


錆以外の水道管トラブル

錆以外にも、水道管には次のようなトラブルが発生することがあります。

1. 水が黒く濁っている
水道水が黒く濁っている場合は、水道管の内側に付着した二酸化マンガンが剥がれ落ち、水に混じって出てきています。人体に影響はありませんが、洗濯に使用すると衣類に色がついてしまうため、注意が必要です。

2. 水からシンナー臭がする
自らシンナーのような薬品臭がする場合は、給水管を取り付ける際に使用する少量の接着剤が原因です。新築やリフォームしたばかりの家でまれに起こります。朝方に水道水をしばらく出しっぱなしにすることで解消されます。


水道管の錆取りは「なごや水道職人」に依頼

水道管の錆をご自身で掃除することはできません。水道水から赤水が出た場合は、地域の水道局に今後の対応策を相談しましょう。

給水管の錆取り、その他水まわりのトラブルなら、愛知県の指定水道工事事業者「なごや水道職人」への相談がおすすめです。
電話1本で最短30分で現場に駆けつけ、丁寧かつ速やかな点検作業で見積もりを無料で提案してくれます。支払い方法も現金・クレジットカード・銀行振込・コンビニ支払いなどがあり、ご自身の都合に合わせた支払いが可能です。
365日24時間体制で対応しているため、急な修理が必要になった場合でも安心して依頼できます。


水道管の錆は洗浄または更新工事で解消

水道管の老朽化によって水道水に混じって出てくる錆は、飲用すると下痢や嘔吐といった症状を引き起こる場合があります。
蛇口から赤水が出た場合は速やかに水道局、または水道工事事業者に相談し、水道管の洗浄・更新工事を行いましょう。


名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315