名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 蛇口のパッキンが劣化する理由とすぐ分かるサインを解説

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

蛇口のパッキンが劣化する理由とすぐ分かるサインを解説

2020年07月01日 蛇口のトラブル


蛇口のパッキンは水流や水圧によって摩耗・変形していきます。劣化を防ぐことはできず、耐用年数はおよそ10年です。
パッキンが劣化すると、ハンドルが固い、異音がするといった不具合からはじまり、やがては吐水口やハンドルの根元、パイプのつなぎ目などから水漏れが起こります。放置すると症状はどんどん悪化するため、新しいパッキンに取り換えましょう。
本記事で詳しく解説いたします。

蛇口のパッキンが劣化する理由は水流や水圧の負荷

パッキンは蛇口のつなぎ目からの水漏れを防ぐために使用されているゴム製の密閉用部品です。主な使用箇所は、ハンドルの根元やパイプと水栓のつなぎ目などです。
蛇口のゴムパッキンは、使用していくうちの劣化していくため、定期的な交換が必要なパーツです。耐用年数はおよそ10年ですが、水道の使用量が多い場合はその分パッキンの寿命も縮まります。

その理由は、パッキンが水流で摩耗したり、水圧によって変形したりするためです。そのため、大量の水を勢いよく流すような使い方を頻繁にしている場合は、パッキンの劣化を早め、5〜6年で取り替えなくてはならないケースもあります。


蛇口の水漏れ・ハンドル不具合・異音はパッキンの劣化のサイン

蛇口のパッキンが劣化すると、次のような症状が現れます。ご家庭の蛇口に1つでも当てはまるようなら、できるだけ早く、発生箇所のパッキンを交換することをおすすめします。

ハンドルが固い・がたつく
蛇口のレバーハンドルが固くて回らない、またはがたつく理由の1つに、「三角パッキン」や「スピンドル」といった蛇口の部品に施されているグリス(潤滑油)が切れ、滑りが悪くなっていることが挙げられます。

まずは蛇口の表面が錆びていないか確認し、問題ないようなら蛇口のハンドル部分を取り外し、内部に水道水に含まれるミネラルの結晶が溜まっていないかどうかチェックしましょう。

蛇口が錆びているようなら蛇口自体の交換が必要です。ミネラルの白い結晶が溜まっている場合は、綺麗に取り除き、一旦ハンドルを戻して正常に動くようになったかどうかを確認してみましょう。

ミネラルの結晶を取り除いても動きが固いようなら、パッキンやスピンドルのグリス切れが原因でしょう。
市販の水栓用グリスを補充するのもよいですが、グリスが切れた三角パッキンのほとんどは摩耗しています。今後のことを考えても、新しい三角パッキンに取り替えてしまったほうがよいでしょう。

ハンドルをひねると異音がする
ハンドル式の蛇口から、水を出すたびに「キーン」という異音が聞こえる場合は、蛇口の吐水口に取り付けられている「コマパッキン」のゴム部分の劣化が考えられます。

コマパッキンとは、ケレップ(コマ)にゴム製のパッキンが取り付けられている部品です。密着性の高いゴムで作られており、吐水口から水が出るのをせき止める役割を持っています。摩耗が進むとコマパッキンと水道管のあいだにかすかなすき間が生じ、異音などの不具合を起こします。

放置しているとすき間がどんどん大きくなり、やがては水漏れを起こしてしまいます。異音に気づいたら、できるだけ早くコマパッキンを取り替えましょう。

蛇口の吐水口から水が漏れる
蛇口を閉めた状態で、吐水口からポタポタと水が漏れてくる場合が、コマパッキンの劣化が進行したことで水道管とのすき間が広がり、水をせき止めきれなくなっている状態です。
給水管からの水をせき止められなくなると、やがてはハンドル部分から水漏れするようになるケースもあります。

そのままにしていると水漏れはどんどんひどくなっていくため、早急にパッキンの交換が必要です。

蛇口の結合部から水が漏れる
パイプの根元から水が漏れる場合は、水道管とパイプのつなぎ目に取り付けられている「Uパッキン」が劣化しているサインです。
吐水口やハンドル部分の水漏れ同様、放置していると悪化するため、すぐにでも新しいUパッキンに取り替えましょう。


蛇口のパッキンが劣化したときの対処法

劣化してしまったパッキンを修理することはできません。摩耗や変形してしまったパッキンは取り外し、新しいパッキンに交換する必要があります。
パッキンを交換する際は、次の2つのポイントに注意しましょう。

・元から取り付けてあるパッキンと同じサイズ・形状のものを購入する
・作業を行うまえに止水栓を閉める

パッキンの取り換えは難しい作業ではありませんが、蛇口のメーカー・製品によっては正規品がなかなか見つからない、ご自身では交換できない場合があります。
そのような場合は、専門の業者にパッキンの交換を依頼しましょう。ご自身で交換する手間が省けますし、万が一パッキン以外の部分に不具合があった場合、一緒に修理してもらえます。

名古屋市内で蛇口の水漏れ修理、パッキンの交換をご希望の方は、名古屋密着サポートのなごや水道職人へご相談ください。
気になる出張費用や施工費用は公式サイトに料金表を掲載し、ご依頼前に大体の料金目安がわかるようにしています。また、電話受付後に現場で詳しい作業内容や費用内訳を無料で見積もりしてもらえるため、安心して相談できます。
年中無休・24時間体制で、名古屋市内の水道トラブルをサポートしています。


蛇口のパッキンが劣化したときは新しいパッキンへの交換が必要

蛇口のパッキンはゴム製で消耗品のため、定期的な交換が必要です。水漏れなどの異変を感じたら、発生箇所のパッキンを新しいものに取り換えましょう。

蛇口に合ったパッキンが見つからない、ご自身での交換が難しい場合は、専門の業者に交換依頼することをおすすめします。


名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315