名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 水道管が破損したときの業者依頼前に行うべき応急処置

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水道管が破損したときの業者依頼前に行うべき応急処置

2020年04月28日 水のトラブル

水道管の破損は個人で修理することはできず、専門の業者に来てもらう必要があります。しかし、水漏れが起きている場合は、業者が修理してくれるまでそのままにしていては、被害が大きくなってしまいます。これを防ぐために、業者が来てくれるまでの応急処置をしなければなりません。応急処置にはどのような方法があるのか、チェックしていきましょう。


応急処置1. 止水栓を閉めて水漏れ被害を最小限にする


水道管が破裂したら、まずは止水栓を閉めるということを覚えておきましょう。
止水栓は水を調節するために必要なものですが、普段は開きっぱなしになっているため触れることはほとんどありません。

この止水栓を閉めることで給水を止めることができます。水道管が破裂していてもこれ以上水漏れなどのトラブルを起きなくしてくれます。止水栓にはハンドル式、ドライバー式、内ネジ式などがあります。長年放置していることでかなり硬くなっている可能性もあるため、普段から潤滑油も備えておきましょう。

・止水栓の場所が分からない場合は管理会社に連絡

水道管が破裂したら、速やかに止水栓を閉める必要があります。
しかし止水栓がある場所は、住宅によってさまざまです。水道メーターの近くにあることが多いですが、戸建の場合は道路と敷地の間や庭にある場合もあります。

探してみても水道メーターや止水栓の場所がわからないというときは、アパート、マンションの場合は管理会社に連絡して教えてもらいましょう。戸建の場合は水道局、または自治体の水道課や住宅を作った際に水道を担当した業者に連絡することで教えてもらえます。


応急処置2. 給水管から水漏れしている場合は排水補修テープ


水漏れが起きている場合、給水管と排水管のどちらが原因なのかを確認しましょう。給水管は、水がきちんと出るように圧力が常にかかっています。水道管が破裂すると、この圧力がうまく与えられず、水漏れなどのトラブルの原因になってしまいます。

給水管から水漏れが起きている場合は、止水栓を止めてから補修テープを水漏れしている箇所に巻きつけましょう。キッチンやトイレ横、洗面所など、目に見える場所で水漏れしている場合はこのような措置が取れます。

補修テープを巻きつけていても微量ずつ水漏れしてしまう可能性は十分にあります。水漏れしている部分の下にバケツなどを置いて二次被害を防ぎましょう。

・補修テープは種類によって使い分ける

補修テープにはいろいろなタイプがあります。自分が使いやすいもの、便利なものを選ぶ必要があります。

自己融着テープは接着剤などを使わず、巻きつけるだけで素材同士がくっついてくれます。防水性が高いので水漏れの応急措置にはおすすめです。

防水補修テープは、その名のとおり防水に特化したテープです。水道用テープもあり、これは自己融着テープと同じく素材同士がくっつくタイプです。

補修テープは、ホームセンターでもたくさん売られています。万が一のトラブルに備えて自宅に保管しておきましょう。


応急処置3. 排水管から水漏れしている場合は水が切れるのを待つ


排水管は給水管と違って圧力はかかっていません。しかし水がスムーズに流れるように傾斜がついているため、カーブする部分が劣化、破裂することで水漏れが起こりやすくなります。

排水管から水漏れしている場合は、まずは水が漏れ切るのを待つ必要があります。止水栓を閉め、給水を止めることで排水管の水漏れも徐々におさまっていきますが、排水管でつまりが起きている場合はポタポタとしばらく水が漏れ続ける可能性もあります。

バケツを下に置いて、しっかり水が止まるまで待ちましょう。排水管の水漏れは汚水が流れ出てくる可能性もあります。不必要に水を流したりしないようにしてください。

・水が止まったら補修テープを巻きつけておく

排水管から漏れてくる水がしっかり止まったら、排水管と同じように補修テープを巻きつけておきます。きつく何重にもしっかり巻きつけて、汚水が漏れ出てこないようにしましょう。排水管の水漏れは、しっかり漏れ切るのを待って補修テープを巻きつけることで処置ができます。

補修テープを使用しても、わずかな隙間から汚水が漏れてしまう可能性もあります。本格的な修理が始まるまでは、やはりバケツや雑巾を下に敷いておくことをおすすめします。


水道管は経年劣化によって破損することがある


ご紹介したように、水道管の破損の原因は、劣化によるものが多いです。
長く使用すれば、少しずつ負荷がかかり、あるとき、破損して水漏れなどが起こります。

いざというときに慌てないよう、補修テープやバケツなどを用意しておきましょう。


愛知県内の水道管破損修理はなごや水道職人へ


愛知県内で、水道管が破損したら、なごや水道職人にご相談ください。
駆けつけ〜確認・お見積りまでは無料です。
まずはお気軽にご相談ください。年中無休で24時間、迅速丁寧にご対応いたします。
ホームページを見てお電話ください。



水道管が破裂したら応急処置をして業者を待とう


水道管が破裂した際に覚えておきたい応急処置についてご紹介いたしました。
ご紹介した応急処置で被害を最小限にくいとめ、業者の到着を待ちましょう。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315