名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 便器の水位が低いと悪臭の原因になる!4つの原因と自分で簡単に直す4つの方法

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

便器の水位が低いと悪臭の原因になる!4つの原因と自分で簡単に直す4つの方法

2019年01月30日 水のトラブル


トイレの水位が低い状態が続いていませんか。問題は発生していないからと、そのままにしている方もいるかもしれません。しかし、水位低下が続いている状態はトイレの見た目に問題がなくても、内部で異常が発生している場合があります。

便器の水位が低くなる主な原因として、詰まりやタンクの排水量が減ってしまっていることが挙げられます。このページで詳しく解説いたします。


便器内の水位が低くなる4つの原因

便器内の水位が低くなってしまう要因はいくつかあります。
ここでは主に5つの原因を紹介します。

1. 便器に水を勢いよく流してしまった場合
バケツなどで水を勢いよくいれると、トイレの構造上排水に流れてその分の水が追加されないために一時的に水位が下がってしまいます。節水のためにとお風呂の水を利用していることで発生するケースです。この場合は、他に問題がなければタンクから水を流すことで改善されます。外の水を入れるのであれば少しずつ流しましょう。

2. 内部でつまりが発生し流れていないものがある
トイレの排水の先に便やトイレットペーパーなどが詰まっている場合でも、水位が下がることがあります。トイレの詰まりは水があふれるイメージもありますが、完全に水をせき止めない程度で詰まっていると、物が水を吸収して水位が少なくなってしまうのです。

水を吸うものではなくても、何らかの異物が入っていることにより内部で水位が安定しないケースもあります。大量のトイレットペーパーを流したり、流れにくいものをトイレに落としてしまった場合に発生することが多いです。

3. 便器から水がもれている
一見便器に破損がないように見えていても、内部の目に見えない場所から水漏れが発生しているケースもあります。

・4. 排水管の気圧の低下
トイレに水がたまる仕組みとして、便器からの排水は蓋をして止めているのではなく、高低差により一定以上の水が流れないようになっています。そのため、排水管内部の気圧が下がってしまうと、溜まっている水が排水管に行ってしまうため水位が下がります。


便器内の水位を元に戻す4つの方法

便器の水は排水管から臭いがこないようにしている蓋のような役割をしています。水位が低いと臭いが上がってきてしまうので放置せずに改善しましょう。元に戻すためにはその原因を取り除かなければいけませんが、原因によっては自分でおこなうのが難しいケースがあります。

1. 何か便器に落ちていないかを確認する
まずはこれを一番に確認しましょう。何か物がつまっている状態でトイレの水を流すと、つまりで水が溢れてきたり、さらに奥に行って取り出すことができなくなります。
何かを落としたことが発覚した場合には、真空パイプクリーナーやラバーカップ、ワイヤーブラシなどで取り出す必要があります。しかし、失敗するとより奥に進んでしまうこともあるので注意しましょう。

2. 水を流してみる
一時的に水位が下がってしまっただけであれば、水を流すだけで直ります。また便やトイレットペーパーがつまっているケースでも一緒に流れてしまえば改善するので、誰も物を落としていないことを確認したら水を何度か流してみましょう。

・3. タンクをあけて覗いてみる
特に水量が少ないときにチェックするべき部分です。トイレの水はタンク内に一度貯められたものを流しているので、タンク内の水がなんらかの原因で少なくなっていれば、水量が減ってしまいます。タンク内の水が明らかに少ないケースは自分での原因改善は難しいので水道業者に相談しましょう。

蓋をあける際は、思い切り開けると故障にもつながるので、少しずらして中を除く程度に留めておきましょう。

4. ラバーカップなどを使用する
水を何度か流しても改善されないのであれば、物がつまっている可能性が高いです。ラバーカップなどを使用して、つまりを取り除きましょう。作業の注意として、さらにつまって溢れることがあるので、事前にトイレの水の元栓は締めましょう。作業後にはバケツなどで少しずつ流し様子をみましょう。


業者に相談する必要がある場合について

上記の4つの方法を試しても改善しない場合には、水道業者に依頼をしてください。また下記の場合には業者の対応が必要なケースが多いです。

・流れる水自体が少ない
流れる水量自体が少ない場合には、タンク内部で異常が発生している可能性が高いです。

・最初は問題ないが気づいたら減っている
流したときに大丈夫そうに見えていても徐々に減っているケースは、トイレ内部の破損やつまり、排水管の気圧低下などが原因として考えられます。


トイレの水位低下は放置せずに早めの対策を

水位が低い状態が続いているけれど問題なく使えるから、と放置しているといずれトイレの破損や物のつまりが悪化して、流すべき汚水が溢れてしまうことにもつながりかねません。

水道職人であれば、水道局認定店のため、安心して修理・相談していただけます。放っておくと悪臭の原因になりかねないトイレの水位低下は、ぜひ一度水道職人にご相談ください。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315