名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 洗面台のぬめりをきれいに落とす方法を徹底解説

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

洗面台のぬめりをきれいに落とす方法を徹底解説

2019年11月29日 水のトラブル

洗面台の掃除はしているはずなのに、気づけば気になる汚れの1つが”ぬめり”です。触るのも嫌になってしまうぬめりですが、ぬめりを落とすにはコツがあります。今回は、簡単にできる洗面台のぬめりを取る方法を紹介します。

洗面台のぬめりを落とす方法

・1. こまめな掃除でぬめりを取りやすく
ヌルヌルと不快な洗面台のぬめりは、日々蓄積した汚れが原因です。一気に掃除することもできますが、汚れが溜まってからぬめりを完全に落とすのは至難の技です。ぬめりを落としやすくするためには、垢を溜め込まないよう、こまめに掃除することを習慣づけましょう。

・2. 排水溝の蓋を綺麗にする
最近では洗面台の排水溝の口にゴミ受けが付いている形状のものが一般的です。ぬめりを落とす掃除をするときは、まず排水溝の蓋を掃除しましょう。ゴミ受けに溜まっているゴミや髪の毛などを取り除きます。このとき、小さなブラシや使わなくなった歯ブラシを使って細かい部分を磨くと、排水溝のゴミ受けのぬめりが取りやすいです。

・3. ゴミ受けと排水溝を洗浄する
ゴミ受けの掃除が終わったら、ゴミ受けと排水溝自体に薬剤を吹き付けましょう。薬剤にもよりますが、20〜30分程度そのまま水を使わず、排水溝の内部にまで薬剤を浸透させます。

・4. 水を流して薬剤を洗い流す
薬剤を吹き付けて20〜30分経ったら、まず排水溝の入口あたりをブラシで磨きましょう。しつこくこびりついたぬめりは洗い流すだけでは落ちにくいので、しっかり磨いておくことが大切です。磨いたら、しっかり水を流してブラシでは届かないところの薬剤も洗い流します。また洗い流すときに沸騰させたお湯を使うとさらにぬめりが落ちやすくなるのです。

ぬめりは酵母菌が原因で発生する
洗面台に発生しやすいぬめりは、ロドトルラというカビよりも早いスピードで繁殖する酵母菌が原因です。ロドトルラは水気のあるところに発生し、凄まじい速さで繁殖していきます。また、繁殖したぬめり自体を栄養として増えていくので、掃除をせずにぬめりを放置すればそれだけぬめりが増えていくのです。
このロドトルラを栄養としてカビが発生し、さらにぬめりが悪化してしまうこともあります。ロドトルラやカビが繁殖した排水溝は悪臭を生みます。

・石鹸カスなどもぬめりの原因に
日頃使っているハンドソープや歯磨き粉もぬめりの原因になってしまいます。ハンドソープの石鹸カスや歯磨き粉のカスがそのまま排水溝に残ると、そこからぬめりが発生してしまいます。使い終わったあとは意識的に水を長めに流しましょう。

洗面台のぬめりにおすすめの薬剤は重曹!

100均でも手に入るぬめり取りの薬剤としておすすめなのが重曹です。重曹と水を1:1になるように混ぜて、スプレータイプの容器に入れましょう。あとはぬめりがあるゴミ受けや排水溝の内部にそれを吹き付けてください。簡単にできる重曹と水を混ぜた薬剤は、日々のお手入れにもおすすめです。

・重曹&クエン酸
ぬめりだけでなく臭いも気になるのであれば、重曹に同じく100均で手に入るクエン酸を混ぜましょう。重曹1/2カップに対して大さじ2杯のクエン酸を加え、しっかりと混ぜます。あとは混ぜた重曹とクエン酸を排水溝に流し入れるだけです。排水溝内の水と反応して泡が発生し、ぬめりを落としてくれます。
このとき、排水溝に蓋が付いているのであれば、蓋をしておけばさらに効果的です。

・重曹&酢
クエン酸と同じような効果があるのが酢です。重曹と酢を混ぜると、クエン酸と同じように泡を発生させて排水溝内を綺麗にしてくれます。家庭にあるような調理用の酢で問題ありません。まず排水溝に重曹を流し込み、そこに酢を適量注ぎます。酢を使う場合は30〜1時間置いて、その後水やお湯で洗い流しましょう。

・重曹以外では過酸化ナトリウムがおすすめ
カビを洗浄する過酸化ナトリウム(塩素系漂白剤)もぬめりに効果を発揮します。市販されている過酸化ナトリウム薬剤をゴミ受けや排水溝に吹きかけ、20分程度おきましょう。あとは水を使ってしっかり流せば、気になるぬめりや臭いが改善されます。

・しつこいぬめりにはパイプクリーナーを使う
こまめに掃除をしてもぬめりがすぐに発生して排水溝の流れが悪くなったり、悪臭を感じるのであれば、1度市販のパイプクリーナーで排水溝の内部をしっかり掃除してください。排水溝内に髪の毛などがある場合、そこにぬめりが絡んでしまっている可能性があります。パイプクリーナーは排水溝内部に詰まった髪の毛なども溶かしてくれるので、しつこいぬめりや臭いの発生を改善できます。

ぬめりを落として洗面台を気持ちよく使おう

石鹸や洗剤などを使用するうえ、常に水分がある洗面台にはどうしてもぬめりが発生してしまいます。こまめに掃除をしておけばぬめりの発生を抑えられるので、気持ちよく洗面台を使うためにも日々のおていれを心がけておくことが大切です。
長年放置してしまうと、排水管の奥の方でぬめりが大量に発生して詰まってしまうこともあります。自分では対処できない排水管詰まりは、水道修理業者に相談しましょう。
名古屋にある弊社では、ぬめりはもちろんさまざまな排水管詰まりにスピーディーに対応しています。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315