【水道局指定工事店】名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 節水型トイレのつまり。4つの対処法を解説!解消されない場合は専門業者に相談を

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

節水型トイレのつまり。4つの対処法を解説!解消されない場合は専門業者に相談を

2019年06月27日 つまりのトラブル

近年、節水効果が高い節水型トイレの導入が進んでいます。しかし、節水型トイレのつまりに悩んでいる方は少なくありません。

節水型トイレは従来よりも流れる水が少ないため、トイレットペーパーを大量に流したり、水に溶けにくい異物を流したりしてしまうと、つまってしまう場合があるのです。

そこで今回は、節水型トイレのつまりを解消する4つの方法を解説します。ご家庭で試せる解消法ばかりのため、ぜひ参考にしてください。


節水型トイレはつまりやすい?1回に流れる水が少ないため使用量に注意

節水型トイレとは、流す際の水を節約できるトイレです。節水効果が高いため、近年は導入率が増加しています。節水型トイレは便器の構造を工夫し、水位の変化を利用したサイフォンの原理を効率よく利用できる仕組みになっています。そのため、通常の使用ではつまりが生じません。しかし、1回の使用で流れる水が少ないため、従来のトイレよりもつまりが生じやすくなっています。

節水型トイレがつまるのは、水に溶けにくい異物を流したり、トイレットペーパーを大量に流したりしたケースです。従来のトイレよりも流れる力が弱いため、
通常の使用を超えないことが大切です。また、高台の上の住宅や、ビルやマンションの上階など、住まいの立地によって必要な水圧を確保できないケースもあります。つまりの原因がわからない場合は、専門の業者に相談しましょう。


節水型トイレのつまりを解消する4つの方法

ここでは、節水型トイレをつまらせないための使い方や、つまりの解消法を4つ解説します。

トイレのつまりをご自身で解消する際は、いくつか事前準備が必要です。まずはトイレの壁や床にある止水栓をマイナスドライバーで締め、水を止めます。その後、トイレの床を新聞紙やビニールシートで覆います。つまりをとる際に水が溢れてしまう場合があるため、防水対策をしておきましょう。

・1. トイレットペーパーを流すのを複数回にわける

トイレがつまる原因の多くが、トイレットペーパーを大量に流しすぎたことによります。一度に流してもよいトイレットペーパーの目安としては、一般的に5m程度と言われています。大量に使用する場合は、一度に流さず、複数回にわけるのがおすすめです。

・2. 洋式用のラバーカップを使う

ラバーカップはホームセンターなどで手軽に入手でき、トイレのつまりを解消できる道具です。和式用と洋式用では構造が異なるため、購入する際は注意しましょう。ラバーカップを使用する前に、まずはトイレの水位をすこし下げておきます。その後、隙間が生じないようにカップを排水口に押し付け、繰り返し引き戻します。水を押し込むのではなく、引き戻すのがポイントです。

・3. 真空パイプクリーナーを使う

真空パイプクリーナーもホームセンターのトイレ工具コーナーで入手できます。洋式トイレであれば、大型のタイプを選びましょう。ラバーカップとの違いは、ポンプの空気圧を利用するため、吸引力がより強力な点です。使い方はラバーカップ同様、カップを排水口にしっかりと押し付け、隙間が生じないようにします。その後、ハンドルを数回に渡って引き上げ、ポンプを動作させます。

・3. ぬるま湯を注いでティッシュを溶かす

トイレットペーパーのように水溶性のものがつまった場合、ぬるま湯を注ぐ方法も有効です。なるべく高い場所から注ぎ入れ、つまりが解消されない場合は30分ほど放置します。ただし、熱湯を注ぐとトイレの容器が割れる恐れがあるため、50℃ほどのお湯にしましょう。重曹や洗浄剤などを注ぐ方法も有効です。


つまりがなかなか解消されない場合は専門の業者に相談を

つまりをご自身で解消できない場合や、つまりがすぐに再発してしまう場合は、専門の業者に相談しましょう。なかなかつまりが解消されない原因として、排水管の奥がつまってしまっている可能性があります。こうしたケースでは、便器の取り外しや、高圧洗浄機などの機材を使うなど、専門性の高い修理法が必要です。

ご自身で無理に修理すると、トイレが壊れてしまう可能性があるため、専門の業者に任せる方が安心です。つまりの解消には一定の費用がかかりますが、トイレの故障の修理にはもっと費用がかかる点に注意が必要です。


トイレのつまりには4つの解消法が有効

今回は、節水型トイレのつまりを解消する方法を4点解説しました。節水型トイレは従来よりも流れる水の量が少ないため、通常の仕様の範囲を超えるとつまるリスクが高まります。普段から、トイレットペーパーを大量に流すのを避けることで、つまりを予防できます。

つまりが生じた場合、ラバーカップや真空パイプクリーナーを使用したり、ぬるま湯を流したりしてみましょう。なかなかつまりが解消されない場合は、水回り専門の業者に相談するのがおすすめです。


名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315