【水道局指定工事店】名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » ベランダの排水つまりの予防法と対処法!放っておくとご近所トラブルに発展することも

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

ベランダの排水つまりの予防法と対処法!放っておくとご近所トラブルに発展することも

2018年12月26日 つまりのトラブル


ベランダの排水溝にゴミが蓄積されると、排水つまりを引き起こす可能性があります。特に集合住宅の場合は排水溝が複数のお宅と共有である場合も多いため、下階や近隣宅の排水溝にまで水を溢れさせてしまうとご近所トラブルに発展する恐れもあります。

このようなトラブルを防ぐためにも、ベランダの排水つまりの原因を知り、予防策や対処法をきちんと知っておくことは大切です。

今回は、ベランダの排水がつまる原因や予防策と、3つの対処法をご紹介します。


ベランダの排水つまりの原因は主にゴミの蓄積によるもの

ベランダの排水つまりの原因の多くは、近隣から飛んできた枯葉、洗濯物を干す際に落ちるほこりや髪の毛、風によって運ばれてきた砂ぼこり、虫の死骸などです。
これらが少しずつ蓄積されて塊となると、排水口がつまりやすくなってしまいます。

また、ベランダに植木を置いている場合には、植木鉢からこぼれた土や葉がつまってしまうこともあります。

ベランダの排水つまりは日頃の掃除や目皿の配置で予防!
一度排水がつまってしまうと、解消には大変な労力と時間がかかる可能性があります。
まずは、排水のつまりを引き起こさないように予防をすることが大切です。


次では、排水つまりの予防方法をご紹介します。

・ベランダは日頃からこまめに掃除!ゴミの蓄積を予防する
上述した通り、ベランダの排水つまりはゴミの蓄積によって生じるケースがほとんどです。予防で最も大切なことは、ベランダをこまめに掃除することです。

定期的に排水口をチェックし、ゴミや枯葉があればすぐに取り除くようにしましょう。砂ぼこりなどの細かいゴミは、使用済みの古い歯ブラシ等を使ってかき出すと取り除きやすくなるのでおすすめです。

ただし、ベランダの掃除は近隣にホコリが舞ってしまうことがあります。そのため、近隣トラブルの影響も考慮して、掃除をする際は風が弱く、砂ぼこりやゴミが散りにくい日に行いましょう。曇りや小雨の日であれば、湿度が高く、ほこりも舞いにくいのでおすすめです。

・植木鉢は排水口から離れた場所に置き、排水溝には目皿を配置する
ベランダに植木鉢を置いている場合、排水口へと土や植木が流れ込むことを防ぐため、植木鉢を排水口から離れた場所に置くように心掛けましょう。

排水溝の入り口に目皿や網目の細かいネットなどを取り付けると、土や枯葉などの侵入を防ぎやすくなります。ネットに溜まったゴミはこまめに取り除くようにしましょう。


ベランダの排水がつまったらブラシや洗浄機で対処!

予防策を行っても排水がつまってしまった場合は、以下にご紹介する3つの方法で対処しましょう。

1. 排水口の蓋を外してゴミをかき出すか、水で溶かしながら押し出す
排水口の蓋を外して手で取れそうな大きなゴミは取り出し、細かいゴミは歯ブラシなどを使ってかき出しましょう。
それでも解消されない場合は、ホースを使って水を流しながら、浴室の排水溝清掃用の太くて長いワイヤーブラシなどを使って押し出すと、異物が排水管の外へと流れて詰まりが解消される可能性があります。

ただし、無理矢理ゴミを流そうとすると排水管の中で再度つまってしまい、状況をさらに悪化させてしまうこともありますので、十分に注意してください。

2. 高圧洗浄機やワイヤーパイプクリーナーを使用する
排水口から高圧洗浄機を挿入すると、比較的簡単にゴミを抜き取れる可能性があります。または、回転式のワイヤーパイプクリーナーを使用しても良いでしょう。ホースやバケツの水と併用しながら、ゴミを砕いて流す、というイメージで作業します。

これらは下階のベランダへと水漏れする可能性があるうえ、大量の水を使うため、特に防水加工がされていないベランダではさらなるトラブルを呼んでしまう可能性もあります。必ず管理会社へ使用可能かどうかの確認をしてから行ってください。

3. 解決できない場合は無理せず専門業者に相談する
大きな異物が詰まっていたり、長期間汚れを放置していた場合など、排水管の状態によっては上記方法では対応できないこともあります。自己判断での作業はさらなる状況悪化を招く恐れがありますから、解決できない場合は無理せず専門業者へ相談しましょう。


日頃からの掃除が大切!対処できない場合は無理せず業者に相談を

ベランダの排水つまりを起こさないためには、日頃からの掃除が何よりも大切です。
万が一つまってしまった場合も、自己判断の作業ではさらにつまりを悪化させてしまったり、排水管の解体が必要になったりと大がかりな修理が必要になる可能性もあります。
解決できない場合は無理をせず専門業者に相談し、対処してもらいましょう。

水道職人では、水漏れから排水口や排水管のつまりまで幅広く対応しています。24時間年中無休で電話受付しておりますので、お困りの際はお気軽にお問い合わせください。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315