名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 給湯器が水漏れする4つの原因と対処法!放置で火災や中毒を引き起こすことも

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

給湯器が水漏れする4つの原因と対処法!放置で火災や中毒を引き起こすことも

2018年12月26日 水漏れトラブル


心当たりがないのに、急に水道料金が高くなったという場合は、給湯器(ボイラー)の水漏れを疑いましょう。給湯器は、ガスを使って水をお湯に温めるための装置です。
給湯器の水漏れなどの故障を放置していると、最悪の場合火災や一酸化炭素中毒による事故を引き起こすこともあります。

こちらでは給湯器が水漏れする原因や、水漏れを放置した場合のリスク、自分でできる給湯器トラブルの対処法を解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


給湯器が水漏れする代表的な4つの原因

給湯器が水漏れする大きな原因としては以下の4つが挙げられます。

1. ゴムパッキンや金属部品の経年劣化や破損
給湯器が水漏れする原因としてよくあるのが、内部部品の劣化や破損です。基本的に、給湯器に使われているゴムパッキンや金属部品は、7年から10年ほどで寿命を迎えます。パーツが寿命を迎えた場合には給湯器そのものや部品の交換が必要です。

2. 施工業者による取り付け時のミス
給湯器を新しいものに取り替えたばかりなのに水漏れしている場合は、施工業者の設置ミスを疑いましょう。きちんと締め込むべきパーツを締め込んでいないといった不具合が隠れている可能性があります。
このような場合は業者を呼んで対処してもらえばすぐに直るはずです。

3. 使っていない期間が長く給湯器内部の圧力が高くなっている
長期の旅行や出張などでしばらく給湯器を使っていなかった場合は、心配無用です。給湯器には水やガスが流れ込む仕組みになっているため、長期間使わずにいると内部の圧が高くなってしまいます。
久しぶりに稼働するときには給湯器の下についている穴あきの部品、「水抜き栓」から水を抜いて内部の圧を下げるようになっています。この一時的な水漏れに関しては仕様なので、故障でない可能性が高いでしょう。
ただし、給湯器を使っていないのに水抜き栓から水漏れしている場合は故障を疑いましょう。

4. 配管の凍結による水漏れ
寒い地域では、配管内の水が凍ってしまうことがあります。凍結を防ぐために水抜き栓から水を出す場合もあるので、覚えておきましょう。
凍結予防のための水漏れは、あくまでも一時的なものです。水抜きをせずに配管内部で水が凍結した結果、部品が破損して水漏れしていることもあります。水漏れの頻度や量を調べて、故障かどうか判断しましょう。


水漏れを修理しないと最悪の場合火災や一酸化炭素中毒に

水漏れを放置することには以下のようなリスクが伴います。

・不要な水が流れて水道料金が高くなる
給湯器が故障して水漏れしている状態は、要するに水道の蛇口を開けたままにしている状態と同じです。そのため、給湯器の水漏れを放置していると水道料金が高くなってしまいます。

・不完全燃焼を起こして一酸化炭素中毒になる危険性がある
給湯器が故障して水漏れしている場合に気をつけたいのが、不完全燃焼による一酸化炭素中毒です。一酸化炭素には臭いがありません。入浴時に気づかず意識を失い、最悪の場合亡くなってしまう危険性があります。

・給湯器の内部に水が入りショートして火事になってしまう
給湯器は、電気で動く設備です。配管が故障して水漏れしていると、給湯器の内部に水が入り、ショートして火事になる可能性があります。


給湯器の水漏れ4つの対処法

上記のような危険を避けるためには、たかが水漏れと考えずに早めに対処することが大切です。以下で対処法を4つご紹介します。

1. 給湯器を止める
給湯器の水漏れに気づいたとき、真っ先に行うべき対処は給湯器の停止です。故障による水漏れの場合、給湯器を動かしていると一酸化炭素中毒やショート等を引き起こす危険性があります。

2. 水漏れ対策のテープを使用する
市販の水漏れテープ等を使用するという方法もあります。これは一時的な対策です。
しかし、給湯器の内部は非常に高温になり、テープで水漏れ部分をふさいでも問題が解決するわけではないため、注意しておきましょう。

3. 水の元栓を閉める
水漏れしている場合は、給湯器へ水を送っている元栓を閉めてみましょう。水漏れの原因を解消できるわけではないものの、元栓を閉めればとりあえず漏水は停止できます。

4. 業者を呼んで給湯器を修理してもらう
給湯器から水漏れしている場合、一番よいのは業者に修理してもらうこと。給湯器はメーカーや型番によって使われている部品が違います。
安心して使うためには、水漏れの原因を突き止めてもらってから対処する必要があります。


素人が手を出すと危険!業者へ相談すべき場合とは

基本的に、「水抜き栓から一時的に水漏れしている」以外の場合、故障の可能性が高いです。給湯器は電気・ガス・水道がつながる複雑な設備なので、ご自身で修理することはおすすめできません。
間違った操作をすると、メーカーの保証が外れてしまう可能性もあります。給湯器から水漏れしている場合は、無理をせずに業者へご相談ください。


給湯器が水漏れする原因を知って適切に対処できるようになろう

給湯器が水漏れする原因はさまざまであり、原因ごとに適切な対処法は違います。個人で対処できるのは、給湯器が故障しておらず、一時的に水抜き栓から水が漏れている場合のみ。「原因がわからない」「自分では対処できない」と判断したら、給湯器を止めて水の元栓を閉め、すぐに業者へ相談しましょう。

水道職人では、給湯器まわりのトラブルにもすぐに駆けつけます。ご不安なことがあればまずはお電話にてご相談ください。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315