【水道局指定工事店】名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 水漏れした給湯器の放置は危険!その理由とは?

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水漏れした給湯器の放置は危険!その理由とは?

2021年03月14日 水漏れトラブル


ふとした瞬間に、給湯器が水漏れしていることに気付くことがあるかもしれません。あまり気に留めない人もいるかもしれませんが、実は給湯器の水漏れはとても危険。放置していると、大きな事故につながる可能性があります。

ここでは、給湯器の水漏れによって起こり得る二次被害や適切な対処法についてまとめました。ぜひ参考にして、被害を最小限に抑えてください。

給湯器の水漏れ放置は危険!

給湯器の水漏れは、決して珍しいトラブルではありません。だからこそ、問題視しない人も多いといえるでしょう。
しかし、給湯器の水漏れは一酸化炭素中毒や火災の原因になり得るため、最悪の場合には死に至ります。自分と家族を守るためにも、給湯器が水漏れした際には迅速に対処するべきだといえるでしょう。


給湯器の水漏れが原因で起こり得る二次被害

給湯器の水漏れが原因で起こり得る二次被害としては、主に「階下への水漏れ」、「一酸化炭素中毒」、「火災」の3つが考えられます。ここでは、これらの二次被害について詳しく見ていきましょう。

・階下への水漏れ
給湯器に限らず、水漏れが起きた際に気を付けなければいけないのが階下への水漏れです。階下への水漏れがあると他人に迷惑をかけるため、事態が大きくなってしまいます。

また、賠償責任などの問題に発展することもあるといえるでしょう。マンションやアパートの2階以上に住んでいる場合には、十分に注意したいところです。


・一酸化炭素中毒
給湯器内で水漏れが起きてバーナー部に水滴が落ちると、酸素の供給が不足して不完全燃焼が起こり、一酸化炭素が発生する可能性があります。一酸化炭素は無色無臭の気体で発生には気付きにくいものの、非常に毒性が強く危険な気体。一酸化炭素の空気中濃度が0.02%以上になると、様々な症状が起きます。

具体的な症状としては、頭痛、めまい、吐き気などがあり、最悪の場合には失神、そして死に至ります。なお、症状は一酸化炭素濃度や呼吸数、年齢、吸入時間などによって異なり、徐々に症状が進行していくこともあれば、あっという間に死に至ることもあります。

なお、屋内設置型の給湯器は不完全燃焼防止装置の搭載が義務化されています。そのため、水漏れによって不完全燃焼が起きた場合、給湯器が自動的に停止する仕組みになっています。

とはいえ、不完全燃焼防止装置に不具合が起きる可能性もあります。給湯器が水漏れを起こすと一酸化炭素が発生する可能性があるということは、知っておくべきだといえるでしょう。


・火災
給湯器が水漏れして電気系統に水滴が落ちると、ショートして発火する可能性があります。発見が遅れると、火事になる恐れもあるといえるでしょう。電気系統のショートについても通常は安全装置が働きますが、100%安全とはいえません。特に古い給湯器の場合には注意が必要だといえるでしょう。


事故を起こさないための対処法

ここでは、給湯器による事故を起こさないための対処法をご紹介します。

・給湯器の使用を中止する
水漏れに限らず、給湯器に異常があると感じたらすぐに使用を中止しましょう。水漏れ以外で起こり得る異常としては、時々火が消える、異音・異臭がする、黒煙が出る、などがあります。無理に使おうとすると二次被害につながりかねないので、継続して使用するのは避けるようにしてください。


・ガス栓を閉める
給湯器を止めたら、念のためガス栓も閉めるといいでしょう。ガスの供給が止まれば、一酸化炭素中毒や火事などの最悪の事態は避けることができます。


・換気する
一酸化炭素は、目に見えない無色の気体です。もしかしたら、すでに一酸化炭素が発生しているかもしれません。特に症状が出ていないという場合でも、念のため部屋の換気をすることをおすすめします。


・専門業者に連絡する
給湯器が水漏れを起こした際に一番大切なことは、すぐに修理をするということです。しかし、他の箇所の水漏れとは違い、給湯器の水漏れ修理はとても危険です。1つ間違うと、大惨事になりかねません。必ず専門業者に修理を依頼するようにしてください。


・寿命が来る前に交換する
給湯器は、一般的に10年ほどで寿命を迎えるといわれています。頻繁に不具合が生じるようであれば、それは寿命が近づいている合図。給湯器の寿命が近いと思ったら、修理ではなく交換を検討するといいでしょう。


水回りのトラブルでお悩みならなごや水道職人にご相談ください

給湯器の水漏れは、少しであればそれほど問題はないと感じるかもしれません。しかし、実際には大きな二次被害が起きる可能性があります。

給湯器の水漏れに気付いたら、すぐに専門業者に連絡するようにしてください。また、ガス栓を閉める、換気をするなどの対処も忘れないようにしましょう。

弊社は、名古屋市を中心に水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。経験豊富なスタッフが責任を持って対応しますので、安心してお任せいただけます。水回りのことでお困りの際は、ぜひ気軽にご相談ください。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315