【水道局指定工事店】名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 浴室の水漏れを放置するのは危険?

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

浴室の水漏れを放置するのは危険?

2018年09月26日 水漏れトラブル
浴室の水漏れを放置するのは危険?
毎日入ることでリラックスする効果が期待できる浴室。
実は、隠れて水漏れしていることが多くあります。水漏れの箇所を放置していると思わぬ被害が発生する可能性もあるので、日頃から水漏れには十分注意しておく必要があります。些細な水漏れだと、放置される方も多くいらっしゃいますが、早めの対処は重要です。

今回は、そんな浴室の水漏れを放置するとどのような危険があるのかと、水漏れを早期発見するための方法について詳しくご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。


浴室は水漏れが気づきにくい

浴室は基本的に濡れていることが多いため、水漏れが発生していることに気付かない方がほとんどです。
特に、シャワーや蛇口からの水漏れが発生しているということが多く、ポタポタと少量ですが、水漏れが発生することが多いといわれています。

軽いポタポタという水漏れであれば、心当たりがある方も多いのではないでしょうか。放置していると、後から二次災害に繋がることもあります。軽い水漏れでも、気付いた時にすぐに対処することをおすすめします。

他にも浴槽や壁にヒビが入ることで、水漏れが発生していることもあります。
その場合は、大掛かりな修理が必要になる場合もあります。浴室の水漏れは甘く見ないように注意しましょう。


水漏れを放置するとどんな危険があるの?

基本的にお風呂は耐水性に優れているため、浴室自体は水漏れが原因で劣化することは少ないでしょう。しかし、使用されている部品には寿命が存在していて、水漏れを放置していると劣化スピードを早めることに繋がります。

また、浴室も劣化することはないとしても、水漏れによる湿気でカビや害虫が発生する可能性もあるので、十分注意は必要です。

水漏れを放置していると一番危険なのが、床や壁の水漏れです。
浴室の床や壁には、シリコンやコーティング剤で保護されていますが、経年劣化により補充力が弱くなっています。浴室の外にも水漏れが発生する可能性が高くなるので気を付けましょう。
床下まで浸水してしまった場合は、シロアリやカビの温床になってしまい、被害によっては大幅な改修工事を必要とする可能性があります。そうなると高額な改修費用がかかってくるでしょう。

集合住宅で床下に浸水してしまうと、階下の住人に迷惑をかけてしまうだけでなく、多額の費用を請求されてしまう可能性もあります。

浴室の水漏れトラブルが深刻なことにならないように、些細な水漏れも注意深く観察しておくことが重要です。


水漏れを早期発見するためには

浴室は水に濡れていることが多く、水漏れを発見するのが遅くなってしまい、被害が広くなってしまう恐れがあります。被害を最小限に抑えるためにも、水漏れを早期発見することが重要になってくるでしょう。

まず、早期発見するためにも、水漏れが発生しやすい箇所をチェックしておくことが重要です。蛇口や水栓、浴槽など確認するところは注意深く観察しておきましょう。

そこから水漏れの原因である部品のゆるみや経年劣化の可能性を確認して、問題が発生している場合は、部品交換を行うことがおすすめです。

基本的に浴室の部品の耐用年数は、10年ほどといわれています。湿気などの浴室環境によっては、さらに寿命が短くなることが予想されます。

寿命が近づいていると感じた時には、早めに部品を交換することが水漏れを予防にも繋がります。水漏れの防止を考える方は、ご自身で部品交換することも考えておきましょう。


自分で直すか業者に連絡するかの判断基準とは

浴室で水漏れが発生している場合、ご自身で修理した方が、費用が抑えられることもあり、お得に問題解決することができます。特に、水漏れの原因が特定できていて、それが部品の交換や緩みを改善するだけで、簡単に修理が行えるのであれば、ご自身で修理するのもいいでしょう。

しかし、中には専門的な知識や技術がないと修理できないこともあります。ご自身で修理を行って状況が悪化する可能性も十分にあります。
全てのパーツを交換しなくてはならなくなるケースもあるので、浴室の部品の取り扱いには十分注意が必要です。

特に、給湯器の故障や床、壁の修理といった内容は、プロの業者に依頼しないと難しい部分があります。
そんな時は、水道職人にお任せください。お電話をいただければ、何が問題なのか、原因と考えられる可能性をお話しさせていただきます。業者の修理が必要であれば、すぐに駆け付けて即日修理をさせて頂きます。

1日でもお風呂が使えないと不便です。ご自身のご家庭だけではなく、隣人のご迷惑がかからないように、速やかな対応をさせて頂くので、ご安心ください。


浴室は水に濡れている状況が多く、蛇口やシャワーの水漏れであれば、些細なことと考えて放置する方が多いのが特徴です。
しかし、そのまま放置していると、大掛かりな改修工事を必要とし、予想よりも費用がかかってしまう恐れがあります。

そうならないためにも、早期発見を心がけて、水漏れが発生する箇所を定期的にチェックし、問題が大事にならないように注意してください。

ご自身で部品交換を行い、浴室の水漏れを防ぐのも一つの手段です。しかし、無理に修理をしてしまうと、状況が悪化する可能性もあります。
ご自身での修理が難しいと感じたときには、ぜひ水道職人にご連絡ください。迅速かつ丁寧な対応を心掛けております。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315