【水道局指定工事店】名古屋のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 洗面台の下で水漏れがおこる原因は?水受けタンクの役割とは?

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

洗面台の下で水漏れがおこる原因は?水受けタンクの役割とは?

2022年12月26日 洗面台のトラブル


いつもどおり洗面台を使っていたら、いつの間にか洗面台の下で水漏れがおこっていたということはありませんか。

洗面台の下で水漏れがおこると、修理するまで使用することができなくなります。また、床下まで水漏れが渡ってしまうと、最悪の場合下の階の人に迷惑をかけてしまう可能性があります。そのため、水漏れを確認したらすぐに対処するようにしましょう。

今回は、洗面台の下で水漏れがおこる原因や対処法、また水受けタンクの役割についてご紹介していきます。

洗面台の下で水漏れがおこる原因は?


まずは、水を流してみてどこから水漏れが起こっているか確認しましょう。少ない量だとわかりづらいため、多めに流してみてください。

給水管や給湯管から水漏れしている
洗面台の下を開けると、2本の水道管があるのがわかります。これは給水管と給湯管といい、この栓を通して蛇口から水やお湯が出る仕組みとなっています。

この給水湯管からの水漏れの場合多くの水量が溢れでるわけではないため、ポタポタ垂れてきていないか、水が漏れたような白い跡はないかをチェックしてみましょう。

排水パイプから水漏れしている
排水パイプから水漏れしている場合、2つの原因が考えられます。

1つ目は、排水トラップに付けられているパッキンが劣化している可能性があります。洗面台の排水トラップは多くの場合S字タイプのものなので、排水トラップを分解して状態を確認してみましょう。

2つ目は、排水口の詰まりです。洗面台にある排水口に髪の毛やゴミが詰まっていないか確認してみましょう。排水口の網目部分を取り外すと、奥までしっかり確認することができます。

排水口の詰まりは、放置すると水漏れだけではなく異臭発生に繋がりかねません。掃除するのが少し面倒ではありますが、こまめに手入れするようにしましょう。

蛇口から水漏れしている
蛇口から水漏れしている場合は、蛇口内にある部品が劣化している可能性があります。シングルレバー混合水栓の場合とツーハンドル混合水栓の場合で、原因となる部分が変わってきます。

シングルレバー混合水栓の場合は、バルブカートリッジが劣化している可能性が高いです。レバーを取り外すと本体との間にバルブカートリッジがあります。取り出し方は以下の手順です。

1.止水栓もしくは元栓を締める。
2.レバー部分を上に引っ張り、取り外す。
3.マイナスドライバーを使い、中に取り付けられている部品を止めバネ・スペーサー・ストッパーの順で取り外す。
4.カートリッジ押さえを取り外し、カートリッジを確認する。

ツーハンドル混合水栓の場合は、パッキンが劣化している可能性が高いです。パッキンは蛇口の接続部分にあります。取り出し方は以下の手順です。

1.止水栓もしくは元栓を締める。
2.ハンドルに付いているキャップを、ドライバーを使って取り外す。
3.ハンドルを固定するネジをドライバーを使って取り外し、ハンドルを上に向かって引っ張る。
4.モンキーレンチを使用してナットを取り外し、バルブを抜き取る。
5.パッキンが出てくるので、状態を確認する。

紹介した確認方法は、一般的なものをご紹介しています。作業を始める前に、必ず取扱説明書などを確認してから取り掛かるようにしてください。

洗面台下に入っている水受けタンクの役割とは?


多くの家庭の洗面台下には、水受けタンクが設置されています。水受けタンクはどのような役割なのかというと、蛇口から伝って下へ流れてきた水を受け止めるためのものです。

蛇口から伝ってくる水は基本的に少量なので、水受けタンクが満タンになることはありません。しかし、なんらかの不具合が生じていたり、一度に大量の水を流したりすると、水受けタンクから水が溢れてしまうことがあります。

水受けタンクの不具合として考えられるのは、接続部分のパッキンが劣化しているか、ホース自体が破損しているかのどちらかでしょう。大量に水を流したわけではないのに水受けタンクから水が溢れてしまった場合は、上記2点を確認してみてください。

水受けタンクは水を受け止める用途で設置されているため、定期的に水を捨てる必要があります。溢れるまでいかなくても、長期間水を溜め込むと害虫や異臭の発生に繋がります。そのため、こまめに水を捨てるようにしましょう。

洗面台の下で水漏れがおこった時の対処法は?


実際に水漏れがおこった際に、どのように対処すればいいのでしょうか。水漏れの原因別にご紹介します。

給水管や給湯管から水漏れしている場合
給水管や給湯管から水漏れしている場合は、接続部分のパッキンが劣化しているか、ナットが緩んでしまっているかのどちらかが原因と考えられます。

ナットの緩みの場合は、モンキーレンチを使用してしっかり締めれば問題ありません。しかし、パッキンが劣化している場合には、新しいものに交換する必要があります。

パッキン自体はホームセンターやオンラインストアで購入することができます。しかし、ここで気をつけなければいけないのが、パッキンのサイズです。

パッキンは洗面台以外にも、キッチンやお風呂場などあらゆるところで使用している部品です。そして、それぞれ厚さや形が違うため、何も調べないままホームセンターに行くと間違えたものを購入してしまう可能性があります。

そのため、必ず型番を確認してから購入するようにしましょう。型番は、蛇口の裏側などにシールで貼られているか、無ければメーカーのホームページにのっているのでチェックしてみてください。

排水パイプから水漏れしている場合
排水パイプのパッキンが劣化している場合は、新しいパッキンに交換することで解決します。排水パイプのパッキンも給水湯管同様、必ず型番を確認してから購入するようにしましょう。

排水口の詰まりが原因の場合は、排水管専用のパイプクリーナーを使用しましょう。ドロっとした液体タイプが1番効果があるので、薬局やホームセンターで購入してみてください。

パイプクリーナーは、多くのものが排水管に流し入れて15〜20分待つだけで終了します。手を汚さずに作業ができるため、とても手軽に行うことができます。

蛇口から水漏れしている場合
蛇口のパイプカートリッジやパッキンが劣化している場合は、部品を新しいものに取り替えることで解決します。こちらも前述したように、必ず型番を確認した上で購入するようにしましょう。

原因を確認する際に取り外し方をご紹介しましたが、自分で取り替えるのが不安な場合は業者に依頼することをおすすめします。万が一間違えて取り付けてしまうと、部品を新しくしても水漏れをおこしてしまう可能性があります。少しでも不安だと感じたら、専門業者に依頼してみましょう。

水受けタンクから水漏れしている場合
水受けタンクから水漏れしている場合は、水受けタンクに入っている水を排水してください。

排水の仕方は、タンクを取り外して排水するものと、タンクにもともと取り付けられているホースを使って排水するものの2種類があります。メーカーによって違うため、取扱説明書やメーカーのホームページで確認しましょう。

まとめ


洗面台の下から水漏れがおこると、床が濡れてしまうので2次被害を招く可能性が高いです。戸建ならまだ良いですが、マンションとなると階下に被害が及ぶ可能性があるため一刻も早い対処が必要となります。

今回は水漏れがおこった際の自分で対処できる方法をいくつかご紹介しましたが、あまりにも水漏れがひどい場合やすでに床下に染み始めている場合は、すぐに業者に連絡してください。

洗面台の下は物置になりがちであまり見る機会がありませんが、日々状態をチェックするようにしてみてください。大きな被害がでる前に防ぐことができるかもしれません。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315