【水道局指定工事店】名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » トイレの消えない嫌~な臭い。臭いの種類別の対処法とは?

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの消えない嫌~な臭い。臭いの種類別の対処法とは?

2021年07月16日 トイレのトラブル


トイレのお掃除の頻度は、どのくらいですか?サニタリースペースの中でも最も汚れやすいトイレは毎日お掃除される方は約2割、週3回以上5回以下の方も約2割、週1回の方も2割とご家庭によって掃除のペースにかなりばらつきがある場所です。そして、定期的に掃除しているのに関わらず、7割もの主婦の方がトイレの臭いに悩んでいるというデータがあります。

目立った汚れはないのに、なぜしばらくすると悪臭が漂ってくるのでしょう。臭い消しを置いてごまかすのではなく、臭いの原因を究明して嫌な臭いとさよならしませんか?

アンモニア臭と尿石

最も悩まれている方が多いのはアンモニア臭でしょう。空気中の細菌が尿素を分解し臭いが発生するため、排泄した直後ではなく時間が経過してから臭いを出すのです。そしてそのまま放置すると、尿の中のカルシウム成分などが空気に触れ硬化し、尿石となります。尿石は黄ばみを発生させるだけでなく、埃を付着すると巨大化し雑菌を繁殖させます。そして時間が経つほどに頑固な汚れになり、除去が困難になる非常に厄介な存在です。

尿石を発生させないために、飛び散った尿は見落とすことなく定期的な掃除でしっかり拭き取ることが大切です。尿が飛びやすいのは便座の裏や便器の淵、ウォシュレットの裏便器と床の接合部分などでしょう。外せる部品は外し、トイレ専用の洗剤を吹きかけて拭き取り、細かいところは歯ブラシなどを使用して汚れを掻き出してください。

トイレの便座や淵の裏はしっかり掃除しているのに臭うという方は、天井や壁の掃除を怠ってはいませんか?アンモニアは空気より軽いため、流し残しや飛び散りを放置すると成分が蒸発し上に上がります。天井や吊戸棚の裏を見たら尿石がたくさんついていたという恐ろしいケースは少なくありません。

尿石を除去するには、アルカリ性のアンモニアと反対の成分の、酸性のクエン酸水が効果的です。汚れに直接スプレーをした後クロスなどで拭き取りましょう。頑固な汚れの場合、クエン酸水をかけた後サランラップやキッチンペーパーで密着させて30分前後経過した後拭き取ると、成分の浸透を速めるため汚れの分解がうまくいきます。

便器周りは基本的に毎日、壁や天井は1週間に一度は拭き掃除を行うのが理想です。また、トイレのブラシケースに汚水が溜まって臭いの原因となっているケースもあります。定期的にケース内の水を捨て清潔に保つようにしてください。

カビ臭さ

密室でかつ湿度が高く常に水が張ってあるトイレはカビにとっては絶好の繁殖の場所になります。黒い輪シミができやすい便器の中や便器周りだけでなく、結露が起きやすい窓や手洗い場の蛇口周り、部屋の角なども要注意の場所です。カビの餌は湿度と埃です。しっかりと換気を行い、水や埃が溜まりやすい場所はこまめに拭き取ってください。

また、トイレタンクの中を見たことはありますか?一度も開けたことがないという方は、壁にある止水栓を閉めてからぜひタンクの蓋を持ち上げて中を覗いてください。1年以上掃除をしていないご家庭だと、タンク内に黒カビがはびこっている状態だと思います。カビの生えた状態のタンク内の水を便器内に流し込むと、便器内が黒ずむ原因になり得ます。中蓋を外し、タンク内の黒カビにトイレ用の中性洗剤をかけ、使い古しの歯ブラシで擦り洗いして落としましょう。

外した中蓋にカビがついていたらこちらも同様にお風呂などでカビを洗い流してください。タンク内の部品に触ることに抵抗がある方は、タンク内に洗剤を入れるタイプの洗浄剤もありますので、ご自身の生活スタイルに合った方法で、定期的なお手入れでカビを除去してカビ臭さとさよならしましょう。

下水臭さ

下水の臭いを感じる方は、まず便器内の水の量を見てください。いつもより少ないと感じる方は、封水切れと呼ばれる現象が起きているため要注意です。封水切れの原因はさまざまですが、そのうちの一つに旅行や出張でしばらく使用していないため長期間使用しないと蒸発してしまったことが考えられます。この場合はレバーを引いてひたすら水を便器内に流し続ければ元の状態に簡単に戻ります。

しかし、排水管が詰まっている場合はそうはいきません。子供のおもちゃやペン、水に溶けないサニタリー製品などを誤って落とした記憶がない方は、トイレットペーパーや便が詰まっているかもしれません。流す水量を少なくする節水を行い、一度に大量のペーパーを流すと排水管内に滞留し排水を逆流させ臭いを発生させることがあります。

この場合、対処策は二つです。一つはスッポンと呼ばれるラバーカップで詰まりの原因を吸引する方法です。もう一つは、重曹とクエン酸水を巻き、発生する炭酸水の効果で汚れを分解し流しだす方法です。誤って物を流して詰まらせた方は、無理に取り出そうとすると配管を傷め新たな水漏れなどのトラブルを誘発する危険があるので、無理せず水道修理業者に連絡をしましょう。

トイレの臭いのトラブルはなごや水道職人までご連絡を!

ご自身での対応が難しい場合やどうしても臭いの原因が分からない場合は、お気軽になごや水道職人までお電話ください。なごや水道職人は地域の皆さまに密着して水回りのトラブルを西区、港区、南区、中村区など名古屋市のほか、愛知県全般で解決してきました。水道局指定の安心安全な業者で、24時間365日対応いたします。どうぞお気軽にご連絡ください。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315