【水道局指定工事店】名古屋のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » トイレの詰まりの原因と対処法を解説

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの詰まりの原因と対処法を解説

2021年06月25日 トイレのトラブル


トイレが詰まって水が流れないというトラブルは、多いものです。この記事では、考えられる原因について探ってみました。いつも問題なく使えていた場所が、不具合を起こすと困るものです。トイレが詰まることはよくあることと認識して準備しておけば、いざというときに冷静に対処できるでしょう。

トイレの詰まりの考えられる原因とは

・異物混入の場合
よくある原因は大量のトイレットペーパーです。トイレットペーパーは、基本的にトイレに流れやすいように水に溶けやすい物質でできていますが、流す量が多ければ流れずに詰まってしまうこともあります。また水に溶けない性質のため、流してはいけないとされている赤ちゃんや老人用のおむつや生理用ナプキンの他、ペット用のシーツなどをうっかり流してしまったということも考えられる原因です。

そして、多くの人がやりがちなミスとしてあるのが、スマートフォンです。たとえば、ズボンのポケットに入れていたスマートフォンを便器に落としてしまい、そのまま流してしまったのかもしれません。さらに小さい子どもでありがちなのが、ミニカーやビー玉などのおもちゃをいたずらで便器に落として流してしまうことです。他には、女性や子ども用のヘアアクセサリーやメガネ、ポケットに入れていたペンなどを落として流してしまったというミスも想定できます。

それから、意外に思われるかもしれませんが、ペットの糞を流したために詰まるケースも多いです。お散歩の際に持ち帰ったペットの糞には、道端に落ちていた小石や枯れ葉などが付着していることがあるからです。こうした固形物を流してしまうと、排水管が傷みつまりの原因になるので、流す前に付着物を確認しましょう。

・トイレ自体の機能上の問題
こうしたミス以外で考えられるのは、トイレの機能上の問題です。水圧が弱くなり、水の流れが鈍くなっているケースがあります。考えられる原因は、タンク内にある水を溜めるために作動している部品の劣化です。その部品が正常に動いていないために、流すのに必要な量の水が溜められなくなったと考えられます。結果、水流が弱くなり、トイレが詰まったと感じるのです。

さらに考えられるのは、水道代を節約のためにはどんな場合でも洗浄ハンドルの小で流す方が良いと思い、本来であれば大で流すべき大便を小で流したケースです。実は洗浄ハンドルの小と大は小便用と大便用に作られています。そのため、大便後に小で流すと、大便用の機能になっていないため、流れなくなることがあります。

ラバーカップでの対処法を紹介

トイレの詰まりの対処法としてラバーカップがあります。ラバーカップはホームセンターや通販などで売っている、トイレの詰まり解消のためのアイテムです。使用方法を解説しましょう。

作業前に、床や壁付近に設置されていることが多い止水栓を止めます。閉め忘れると、タンクから水が漏れてしまうことがあるので要注意です。そして万が一水が跳ねて汚水で床や壁が汚くならないように、床や壁にビニールシートを敷いてください。

こうした防御策を整えたら、詰まり解消作業に入ります。便器の中にラバーカップを入れ、思いきり押し込んで引っ張り出すという作業を水が流れるまで繰り返し行います。やがて「ガポガポ」という音がしたら、水が流れるようになった合図です。

便器の交換もできる

トイレは使用年数が長ければ劣化し、タンク内の不具合が起こって、水漏れや詰まりが発生することもあります。使用を始めてから10年以上経過しているトイレであれば、こうした劣化は考えられるものです。

もしも、ラバーカップでは対処できないような不具合が起こった場合は、修理するよりも交換した方が最終的にはお得です。旧型のトイレを新しい節水型に変えることで、水道代が安くなることもあります。ただし、状態によっては修理した方が良い場合もあるので、まずは業者に相談しましょう。

便器の交換作業を自分で行う人もいますが、不安な場合は業者に頼んだ方が安心できます。便器の種類によっても価格は異なるので、ネットで調べたり、信頼できる業者と相談したりして、納得できるものを入手してください。

トイレの詰まりの予防

劣化によるトイレの詰まりは仕方がないことですが、予防できることも多々あります。たとえば、スマホやおもちゃなどを落としてしまう場合です。トイレには何も持たないで入ることを徹底すること、子どもにも良く言い聞かせることが大事です。また大便は大洗浄、小便は小洗浄であることも念頭に置きましょう。誤解している家族がいれば、よく話して納得してもらうことをおすすめします。

またトイレットペーパーは流し過ぎないように、流す量を決めることも重要です。トイレのお掃除シートは、水に溶ける性質ですが、稀に詰まってしまう場合もあります。もし心配であれば、使わないようにするのも詰まりの予防になります。トイレットペーパーで掃除ができる洗剤もあるので、検討してみてください。そして、いざというときのためにラバーカップを買っておくと安心です。家族にも使い方を教えて、早めに対処できるようにしましょう。

愛知県でトイレの詰まりを解決するにはなごや水道職人が安心

名古屋市、豊田市、岡崎市、一宮市、豊橋市、春日井市、安城市など愛知県にお住まいの方で、トイレの詰まりを早く解決したい場合は、水回りの専門家であるなごや水道職人にご依頼ください。トイレのさまざまなトラブルの他、お風呂、キッチン、洗面所などのあらゆる水回りの悩みに対応できます。皆さまのご連絡をお待ちしております。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315