名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 家庭での新型コロナ対策は十分ですか?

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

家庭での新型コロナ対策は十分ですか?

2021年01月31日 新型コロナウィルス


外出中のマスク着用やアルコール消毒、帰宅後の手洗いやうがいをおこなっていても、お家の中でも会話の際にマスクを着用したり頻繁にアルコール消毒をおこなったりしている割合は意外に低いかもしれません。

そこで、家庭で家族間の感染リスクを減らすための方法についてお伝えしたいと思います。

新型コロナウイルスの感染疑い者が出た場合

新型コロナウイルスCOVID-19については分からない部分が多いのはご存知の通りですが、感染リスクを減らす方法については以前から言われている通り3密を避けるのが最善の方法と言われています。

家族内で感染の疑いがある人が出た場合は、自宅で2週間の待機が余儀なくされますが、感染の疑いがある人には飛沫感染しないようにマスクを着用して別の部屋で過ごしてもらうようにしましょう。看病をする人は、感染の疑いがある人以上に細心の注意を払った対応が必要になってきます。

まず、感染を防ぐためにマスクの着用はもちろんのこと手袋の着用もおこなうようにしましょう。
手袋を着用するのはドアノブや階段の手すりなどにウイルスが付着している可能性がありますので、アルコール消毒による掃除をおこなうのはもちろんのことですが、ウイルスに触れてしまった手で目をこすってしまったり口元に触れたりすることによって起こる感染を防ぐためです。

また、洗濯されていないタオルや衣類などを共有しないようにしましょう。食事も別々におこなうようにしましょう。洗濯する際にはウイルスが付着している可能性がありますので、80度以上の熱湯に10分以上つけてから洗濯すると良いでしょう。

ドアノブ、トイレ、お風呂などは毎日アルコールで消毒したり、効果が期待できることが公表されている直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(0.1%以上)、アルキルグリコシド(0.1%以上)、アルキルアミンオキシド(0.05%以上)などの表面活性剤(界面活性剤)が使われている家庭用洗剤で洗い流したりすることで感染を防ぐことが期待できます。
また、適度に換気をおこなうことで飛沫感染リスクを軽減することが可能になります。


家庭内で感染を防止するには?

それでは、家庭内で新型コロナの感染の疑いがある人がいない場合に感染を防止するにはどうすれば良いでしょうか?

外から持ち込まないようにすることが肝心です。
そのためには職場や学校でマスクを着用して、食事をしている最中は会話を控えて食事が終了してからマスクを着用して会話をするようにすることで飛沫感染をかなり防ぐことができます。
そして、出社直後や登校直後に、手洗いとうがいをしたり、食事前の手洗いをおこなったりすることで接触感染リスクを軽減することができるでしょう。

また、外出先でトイレを使うときには可能であればアルコール消毒などをおこなうようにしましょう。帰宅して直ぐに外出時に着用していたマスクはゴムの部分を持って外して破棄しましょう。

マスクの本体には外出時に菌やウイルスが付着しているかもしれませんので、マスク本体に触れることはなるべく避けることをおすすめします。
そして、石鹸と水道水で念入りに手洗いをおこなって、うがいをするようにしましょう。
きれいに洗った手で外出時に着用していたマスクに触れてしまったら、手に再度ウイルスを付着させてしまう可能性がありますので、手洗い前に外して処分するようにして下さい。

また、拭きとるのを忘れてしまいがちですが、帰宅したらスマホなども除菌シートなどで拭くことをおすすめします。
家族で食事をするときには大きなお皿に盛り付けて取り分けるのではなく、小皿で個々に盛り付けるようにすることで万が一のときの感染リスクを減らすことができます。


感染リスクを減らすトイレとお風呂の使い方

家庭内でできる新型コロナ感染予防方法についてご紹介して来ましたが、トイレとお風呂の使い方を工夫することで感染リスクを更に減らすことが期待できます。

排泄物に菌などが含まれていますので、下痢など異常がないときでもトイレの水を流すときには必ずフタを閉めてから流すようにしましょう。フタをすることで汚水が飛散したり、菌などがトイレの壁など周囲に広がったりすることを防いでくれます。もちろんトイレの後は、念入りな手洗いするようにしましょう。

また、お風呂にゆったりと浸かって、リラックスして体温をあげれば、免疫力アップが期待できます。
湯船にゆっくり浸かることで、体温は1度上昇すると言われていますが、体温の上昇に伴う免疫力のアップは5倍とも6倍とも言われていますので是非、取り入れたいものです。
因みに体温が1度下がってしまうと白血球の活動も下がってしまうそうですので、病気に対して強い身体を目指すなら体温をあげる習慣としてバスタイムを積極的に利用するようにすることをおすすめします。

トイレやお風呂場は水回りのトラブルが起こりやすい場所でもありますので、詰まりや水漏れなどのトラブルが起こってしまったときには専門業者に修理を依頼することをおすすめします。

なごや水道職人は、名古屋市緑区、中川区、守山区などをはじめとして名古屋市を中心に愛知県全地域で、年中無休で修理交換の対応を迅速におこなっています。

突然の水回りトラブルを直ぐに解決したい方は、なごや水道職人にお気軽にご相談下さい。全スタッフコロナ対策には万全を期しておりますので、安心してご依頼いただけます。


名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315