【水道局指定工事店】名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » トイレのつまりを自力で解決できないときは水道業者に

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレのつまりを自力で解決できないときは水道業者に

2021年01月29日 トイレのトラブル

 

トイレのつまりは冷静に対処を

トイレがつまると非常に困ることでしょう。
水を流したときに水位が上がってくれば、相当に焦ってしまうはずです。
水位が上昇していてもやがてつまりが解消し、そのまま水位が下がれば一安心ですが、うまくいくとは限りません。
ときに便器内から水が溢れ出てくることもあります。
つまりが発生した場合は、焦らずに対処することが基本。
ほとんどのつまりはトイレットペーパーの流しすぎが関係しており、時間が解決してくれることが多いです。
 
夏場と比べて冬場はつまりがよく起こるという声がありますが、これは水が冷たいからです。
ある程度の温水のほうが、ペーパーの繊維がほぐれやすくなります。
くれぐれも注意したいのは、ティッシュペーパーを流すことです。
日常的に流すことは稀でしょうが、トイレットペーパーがない場合に使用する方がいます。
ティッシュペーパーを流しても100%つまるわけではありませんが、つまる確率が高いのは間違いありません。
 

何を流したかによって対処法が異なる

トイレットペーパーによるつまりならば、排水口にぬるま湯を流し込むだけで解消することがあります。
一方でティッシュペーパーの場合は、ぬるま湯では溶かすことができません。
そこで重曹やクエン酸を活用し、溶けやすくする必要があるのです。
 
トイレトラブルの場合は、通常のパイプクリーナーなどは使えない点に注意しておきましょう。
トイレはキッチンや洗面所とは構造が異なるためです。
目に見えるところにペーパーが存在するなら、ゴム手袋を着用して取り出すという方法もあります。
排水口の近くにペーパーが存在し、目視で確認できる場合に使える方法です。
 
一方で排水路に向かってつまりが進行している場合ですと、ラバーカップや真空式パイプクリーナーで吸引する方法が適しています。
排水路自体に汚れが堆積している状態であれば、水道業者の薬品洗浄が役立つでしょう。
 
排水路は経年の影響で着実に汚れが溜まっていき、つまりを誘発しやすくなります。
トイレは永久的に使い続けられるわけではなく、消耗品であると認識してください。
つまりのなかでも解決が困難なのは、固形物を落としてしまうケースです。
子どものおもちゃ、芳香剤のキャップ、ボールペンなどを流す事例は意外と多いのです。
洋式便座に座ったときに、ズボンからモノを落としてしまう人は少なくありません。
ポケットにモノを大量に入れておく習慣のある方は、便器内に落とすリスクが高いと認識してください。
 

トイレは故障するものだと認識を

トイレといえば便器のことをイメージする方が多いでしょう。
便器は陶器で作られており、陶器が割れたりヒビが入ったりしなければ、永久的に使い続けられると考えている方は少なくありません。
しかしトイレは思いのほか複雑な構造をしており、特定の部位やパーツが破損して、つまりや水漏れを招くというケースがあるのです。
こうした場合はお客様自身でつまりの原因を特定するのが難しく、ミスマッチした対処法を実践してしまう方がいます。
ラバーカップや真空式パイプクリーナーを用意すれば、プラスチックなどの固形物を取り出せます。
 
しかしつまりの原因が、固形物以外にあるのであれば、これらのアイテムを使用しても解決しません。
トイレットペーパーつまりに関しては原因を容易に予測できますが、それ以外のつまりは原因の特定が難しいです。
固形物なども知らず知らずのうちに落としていることが少なくありません。
 

排水路までつまりが進行するとやっかい

排水口のつまりは比較的解決が容易ですが、奥まで進行すると難易度が上がります。
便器の取り外しが必要になるケースがあるので、特にプラスチックなどの固形物を落とした場合は注意してください。
ラバーカップや真空式パイプクリーナーを使って成功すれば修理費用を軽減できますが、何度か試して無理ならば水道業者に依頼しましょう。
無理をして解消しようとすると、つまりが奥に進行していく可能性があるからです。
 

日常的にできるつまり対策は

月に1回は排水管の洗浄をしておくのがおすすめです。
排水管が細くなってしまうと、つまりのリスクが高くなるからです。
あとは過度の節水をしないことが大切で、節水が原因でトイレットペーパーが奥まで流れないケースがあります。
大で流すと水が大量に流れすぎると思うかもしれませんが、これは確実に流すために多めに水量の設定がされているのです。
 
設備の老朽化や故障なども、つまりに直結する場合があります。
家庭で実践できる方法を試してもつまりが解消しない場合は、設備の修理・交換が必要かもしれません。
トイレは大切に使用すれば長持ちしますが、それでも寿命は15年程度と考えてください。
 
なごや水道職人では名古屋市天白区、名東区、北区、西区をはじめとして愛知県全域で水道工事・修理全般を行っています。
丁寧な対応、迅速な出張、良心的な料金を常に意識しています。
トイレのつまりにお悩みの方は、なごや水道職人におまかせください。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315