【水道局指定工事店】名古屋のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » キッチンリフォームの失敗例から学ぶ成功させるためのポイント

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

キッチンリフォームの失敗例から学ぶ成功させるためのポイント

2022年09月01日 キッチン

料理や洗い物をする際、自宅のキッチンが不便だと感じた経験はありませんか?そんな時、キッチンリフォームをすることで、キッチンを快適に便利に活用できるようになります。

しかし、キッチンリフォームには時間と費用がかかるので慎重に検討したいところです。では、キッチンリフォームを成功させるためのポイントはどのような点なのでしょうか?

キッチンリフォームがどのようなものなのかを知らない人は、事前にキッチンリフォームの失敗例を参考にしておくのがおすすめです。今回は、キッチンリフォームの失敗例から学ぶ成功させるためのポイントについて解説します。

キッチンリフォームの失敗例


キッチンリフォームの失敗例はいくつかあり、失敗例を踏まえて検討すると満足度の高いキッチンリフォームが実現します。具体的にどのような失敗例があるのでしょうか?

ここでは、キッチンリフォームの失敗例についていくつか紹介します。

費用は抑えられたが、満足度が低い例
キッチンリフォームは、予算に応じた費用をベースに考えて施工内容を選択することも可能です。しかし、費用を抑えることばかり考えたが故に、使いたい設備や機能が足りない場合や、設備が使いづらくなってしまったケースがあります。

キッチンは、ほぼ毎日使用する場所なので、費用を抑えることを意識するあまり必要な機能が削減されてしまうのは避けたいところです。

必要だと感じた機能が、実際使ってみて必要なかった例
キッチンリフォームの醍醐味は、キッチン周りの機能の拡張です。キッチンの機能として、食洗機や収納棚など生活を豊かにしてくれる機能が満載です。

リフォーム前は必要性を感じたものの、実際使い始めると使いこなせないこともあり、結局不要になる場合があります。

例えば、食洗機は手をあまり汚すことなく、家事の時短効果ももたらしますが、家族の人数が少ない場合や子どもが独り立ちして夫婦2人で生活する場合、食洗機を稼働させなくても家事に困らないことがあります。また、食洗機は定期的なメンテナンスが必要で、使用頻度が低いのに手間が増えてしまいます。

さらに、キッチンリフォームの魅力的な機能の一つに収納スペースの拡張があります。収納スペースは床下収納から自動的に開閉するタイプの収納棚まで様々です。床下収納の場合、しゃがんで食器を出し入れしなければならなくなります。また、高い位置の収納スペースは、背伸びして収納しなければならなくなるなどのデメリットがあります。

食洗機と同様に、家族の人数が少ない場合は収納スペースを拡張しなくても事足りるケースがほとんどなので、キッチンリフォームしたものの使い道がなく持て余してしまう可能性が考えられます。

キッチンの形状を変えて使いづらくなってしまう例
キッチンの見た目を大きく変えられるのが、キッチンの形状を変えるリフォームです。キッチンには、カウンターキッチンやアイランドキッチンなど魅力的なタイプが多くあります。

アイランドキッチンの場合は、見た目が開放的になりスッキリとした雰囲気を演出できます。しかし、定期的に片付けをしないと汚れ具合がかなり目立ってしまうのが難点です。物が多い場合や、片付けが苦手な場合、開放的すぎるアイランドキッチンに抵抗感があるという人も少なくありません。

キッチンの形状を変えることで、家電や食器を置くレイアウトにも影響がでます。これまでと使い勝手が変わってしまうことで、キッチンにおける移動範囲が増えて、料理に時間がかかってしまうケースも考えられます。

また、対面式のキッチンに変更した際には通路の幅が狭くなってしまうため、人数が多い家庭ではかえって不便に感じてしまうかもしれません。

キッチンリフォームを成功させるためのポイント


キッチンリフォームを成功させるためには、今後の長期的な使用を見据えたベストなキッチンを選ぶことが大切です。

では、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか?ここでは、キッチンリフォームを成功させるためのポイントについて解説します。

家庭内でしっかり相談しあって決める
キッチンで作業する人が決まっている場合でも、しっかり家庭内でどのようなリフォームがベストなのかを相談しあいましょう。家庭によっては当番制で家事を分担しているケースもあります。必ず、全員が納得する形でリフォームを決めましょう。

相談していく中で、機能を充実やキッチン全体の面積を広くしたいなどの要望が挙がってくることもあります。あくまでも長期的な使用を見据えて検討することで、高い満足度でリフォームが実現します。

必要な機能を箇条書きで洗い出してみる
近年のキッチンリフォームでは、様々な最新機能が多くのメーカーから発表されています。どの機能も魅力的に感じますが、これまでのキッチンの使い方や現在のキッチンに足りない部分を一度整理することが大切です。

子どもの進学や就職を考えて、将来的に機能を縮小させることも視野に入れましょう。スペースを広くさせて機能を充実させることだけがキッチンリフォームではないことを念頭に置いておくことがポイントです。

キッチンリフォームの費用相場


キッチンリフォームにおいて気になるのが、費用相場の部分です。平均的な費用相場は、約50万円から150万円ですが、リフォームの内容によって大きく変動します。

費用を50万円以下で抑えられるリフォームもあります。それは、コンロや食洗機の交換など部分的に施工したケースです。また、キッチン全体のリフォームであっても、小さい面積のキッチンの場合は50万円以下でリフォームできる場合があります。

キッチンリフォームにおいて、平均的な費用相場である50万円から150万円でできるリフォームには、アイランドキッチンからカウンターキッチンへ形状を変更するリフォームなどがあります。

キッチンの形状を変更するとはいえ、キッチンの位置を変えずにリフォームする場合は、100万円以下で抑えられる可能性があります。また、カウンターキッチンなどの対面式キッチンから壁付けタイプのキッチンに変更する場合も同様に、100万円以下でリフォームできるケースがあります。

一方で、150万円を超える可能性のあるキッチンリフォームは、キッチンの形状の変更にプラスして、ガスや電気などの配管工事を伴うケースなどです。また、リフォーム内容として一般的ではありませんが、キッチンを設置するフロアを変更する場合は、200万円を超えたリフォームになることはよく理解しておきましょう。

キッチンの材質や装飾品によってもかかる費用が大幅に変動するので、事前に確認しておくことが大切です。

キッチンリフォームの工期目安


キッチンリフォームの工期は、生活スタイルに大きな影響を与えます。キッチンがその間使用できないと想像以上に不便なので、なるべく早くリフォームを完了させたいところです。

キッチンリフォームの工期は施工内容によって異なります。食洗機など部分的な交換の場合は、1日あればリフォームは完了します。新たに食洗機や収納スペースを導入する場合は、既存のキッチンのレイアウトは変わらないので2日から3日程度の工期になります。

キッチンの形状を変更させて配管工事も行う場合は、1週間以上はかかると考えておきましょう。リフォームで塗装や張り替えをする場合、天候や湿度に大きく左右されます。梅雨の時期や湿気の多い環境下だと作業効率が落ちてしまい、当初の予定通りリフォームが進まないケースも考えられます。

リフォーム内容に関わらず、工期には余裕をもって計画を練ることが大切になります。

まとめ


この記事では、キッチンリフォームの失敗例から学ぶ成功させるためのポイントについて解説しました。

キッチンリフォームは、決して安くない買い物です。そのため、今だけではなく長期的に使い続けることを考慮して検討するようにしましょう。ポイントは、リフォームの失敗例を参考にして、じっくり話し合って決めることです。


キッチンリフォームは、内容によって費用も工期も大きく変動します。リフォームを依頼する時期やタイミング、そしてリフォーム期間中の生活スタイルへの影響を十分考慮してリフォームできれば、満足度の高いキッチンリフォームが実現するはずです。

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315