【水道局指定工事店】名古屋のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » 台所の排水口が詰まって臭い時は業者に修理を依頼する方が楽

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

台所の排水口が詰まって臭い時は業者に修理を依頼する方が楽

2021年06月19日 キッチンのトラブル


台所が詰まって流れが悪い時はどうする?

台所の水の流れが悪く、シンク内に水が溜まってしまった場合、どうしますか?
とっさに排水口の蓋を外して穴の中を覗くのではありませんか?

そして、さらに水を流してみて流れを確認したとしても、素人にはわからないことだらけです。
何かが詰まる原因になっているだろうと考えて見ても、どうしたらよいのかわからないでしょう。
台所の排水口が詰まる原因について探ってみましょう。

・水の流れが悪い
いつもは台所仕事をしていてストレスもなく排水できているのに、なぜか急に水の流れが悪くなり、滞ってしまうことがあります。
何か流れを悪くするものを流したつもりはないのに、スムーズな水の流れができなくなっているのは嫌なものです。
少しでも排水の流れが悪化したようであれば、すぐにでも業者さんに連絡をして来てもらうのが、実は一番確実で早い解決策なのです。

・水がシンクに溜まる
キッチンの排水口に異物が詰まると、水の流れが悪くなりいつのまにかシンクに水が溜まってしまいます。
排水口に溜まっていた食材ゴミや生ゴミなどが浮かんできて、シンクが汚い水たまりになってしまうと、洗っている食器がまた汚れてしまいます。

このような場合は、一刻も早く詰まりを解消するために、専門業者に来てもらうべきです。
そのためには、連絡先がすぐにわかるよう、大きなメモを目立つ場所に貼っておくと良いです。

・排水口が臭い
生ゴミや油汚れが溜まっていて、ある一定の限界を超えると水の流れがストップしてしまいます。
排水口の蓋を外した時に、強烈な臭いがする場合もあります。
どんな汚れが排水口に詰まっているのかによりますが、自分で取り除ける生ゴミなどは自分で取り除くことが大事です。

排水口の臭い臭いには、重曹とクエン酸で解決できます。
重曹を排水口に重曹を200cc注ぎ、次にクエン酸100ccを静かに注ぎます。
次にお湯を流し入れると、ブクブクと泡立っている音が聞こえてきます。
ブクブクという音が聞こえなくなったら、熱いお湯を排水口に流し入れてください。
これで臭いの元となるヘドロ状の汚れが流れていき、臭いも消えてなくなります。


台所の排水口が詰まる原因とは?

台所の排水口が詰まる原因は、ゴミ受けのカゴの目地が汚れで塞がれていることが考えられます。
この場合は、ヘドロ汚れと同じで、重曹とクエン酸とお湯があればきれいになります。

次に考えられることは、油汚れと洗剤カスです。
これらは以下に詳しく解説をしています。
原因によっては業者さんを呼んで、速やかに解決することが大事になります。

・油汚れが固まる
炒め物などをしたフライパンや、油っこい料理を盛り付けた皿を洗った時などに、必ず油が排水口に流れていきます。
一度に流れる油汚れの量は少ないかもしれませんが、それが何日も続く場合もあるでしょう。
1年間の油汚れでは詰まりにつながらなくても、何年も続いていくと、ある時期になると突然流れが悪くなってきます。

その理由は、油分が冷えて固まりができ、それが何年も続くことで、大きな油の固まりができあがるからです。
この油の固まりが排水口の管の内側にビッシリと溜まってしまうと、いずれ水の流れが滞ってしまうのです。
ヘドロ状態の油が排水管に付着してしまうと、取り除くことは極めて難しくなります。

専門業者を呼んで一気に付着した油を取り除いてもらうと、今までの不具合がウソのように水が流れていきます。
油汚れを一旦キッチンペーパーなどで拭き取るなど、普段から油分を排水口に流さないように心掛けることが大事です。

・洗剤カスが固まる
油汚れと同じように、洗剤や石鹸のカスなども排水管に付着します。
食器を洗う洗剤は液体だからと言って、水のようにスムーズに流れるわけではありません。
実際は流しきれなかった洗剤の残りカスが配管の内側に留まってしまい、油汚れと混ざるのです。

この洗剤の残りカスが油と混ざると、洗剤のパワーで油を溶かすかと思いきや、逆に汚れの頑固さが増して簡単に流れていかなくなります。
このような頑固な汚れの固まりも素人では取り除くことは難しいでしょう。

専門業者を呼んで油の固まりと一緒にすべて取り除いてもらう方法がベストと言えます。
普段から、洗剤の泡をそのままにしておかないで、しっかりと水で洗い流すなど、洗剤カスを排水口に溜めないように心掛ける必要があります。

・食材や生ゴミが溜まる
食器や調理器具を洗う際に、食材の残りカスが油汚れや洗剤と一緒に流れていきます。
食材のカスのうち、小さいものはゴミ受けの網を潜り抜けて排水管に付着し、もともと付着していた油汚れなどにまとわりついて大きな汚れの固まりを形成することがあります。
生ゴミや食材のカスなどが排水口にとどまっていると、雑菌が繁殖して不衛生です。
そして、排水口特有のぬめりによって悪臭なども発生させます。

排水口付近に生ゴミや食材カスを溜めないように注意するとともに、定期的に除菌スプレーを吹きかけ、水を流して排出するなど衛生に保つように心掛けるべきです。


台所の排水口は汚いので触らない

台所の排水口の詰まりは、専門業者に解決してもらうのが得策です。
排水口の中はとても汚く、場合によってはとても臭いため、衛生面で問題があります。

台所などの水回りが詰まり出して不具合が発生した場合は、迷わずプロの業者さんに依頼するのが安心です。
下手に自分で解決しようと手を加えたことが、逆に状況を悪化させる懸念も生じてきます。
台所のトラブルを速やかに解決するため、台所内の見やすいところに、専門業者の連絡先を貼っておくと安心です。

台所の詰まりを業者さんに修理を依頼する場合、施工をする前に見積もり金額を確認することが大事です。
そして、金額に納得してから正式に施工を依頼するようにするべきです。
修理を依頼されたからと言って、勝手に修理を始められて、施工が終わってから高額な請求をされることがないように、注意しなければなりません。

台所の詰まりの解消に掛かる費用は、大体の目安として、施工費と材料費、出張費や技術料などを含めても約10,000円~15,000円です。
部品交換が必要になる場合は、別途費用が掛かりますから、部品交換をする際も、きちんと説明を受けてからにしてください。


台所の詰まりを自分で解決できない時は、なごや水道職人まで

台所の詰まりを早く解決したい時は、あまり自分で排水口に触れず、なごや水道職人に連絡をしてください。

なごや水道職人は、名古屋市、岡崎市、豊田市、小牧市など愛知県のほぼ全域をカバーしているので、1時間以内にプロスタッフが駆け付けて解決いたします。
水回りのお困りごとがあれば、お気軽にご連絡をください。


名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315