【水道局指定工事店】名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » お風呂掃除のコツは?困ったカビやピンクの汚れも一網打尽!

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

お風呂掃除のコツは?困ったカビやピンクの汚れも一網打尽!

2021年05月22日 お風呂の掃除


リラックスしたい場所No.1、お風呂場の汚れは気になってしまいます。
タイルの目地が黒ずんでいたり、風呂椅子や排水口周りがヌメリのあるピンクになっていたり…とてもバスタイムを楽しむ気分になれません。

自分で掃除をするとしても、あまり強い洗剤を使いたくない人もいるでしょう。
そこで自然にも人にも優しい重曹とクエン酸を使った掃除方法をご紹介します。

その汚れは酸性?それともアルカリ性?

ドラッグストアでお風呂用洗剤を探すと、酸性とアルカリ性の製品が並んだ光景を見かけます。
何が違うの?というと、「汚れは酸性とアルカリ性に分類できる」ということです。
酸性の汚れに効く洗剤、アルカリ性に効く洗剤は、それぞれ違うのです。

お風呂でよく発生する汚れの種類について考えてみましょう。

1.皮脂、手垢、シャンプーの泡
まず皮脂ですが、皮脂は酸性の汚れです。
ほかにも手垢やシャンプーも酸性に分類されます。
酸性の汚れにはアルカリ性の洗剤が効果的です。
もしもお風呂の酸性の汚れが気になるようなら、まずアルカリ性の洗剤を購入しましょう。

2.水垢、石けんカス
水垢や石けんカスはアルカリ性の汚れです。
洗剤は酸性の製品が適しています。
水垢が固まって、うろこ状になってしまった鏡の表面の汚れは落とすのが大変ですが、酸性の洗剤を使えば苦労を減らすことができるでしょう。
また、床や壁に嫌なヌメリを出してしまう石けんカスも簡単に落とせます。


よく効く!重曹とクエン酸は水回りの掃除の救世主

洗剤として販売されているわけではありませんが、重曹とクエン酸は水回りの掃除にとても役立ちます。
重曹は酸性の汚れに効くアルカリ性の洗剤、クエン酸はアルカリ性の汚れに効く酸性の洗剤として使えます。

重曹とクエン酸を使うメリットは、まず自然成分でできているということです。
市販の洗剤もいいけれど自然環境への影響を減らしたいな、と思う人なら、ぜひ重曹とクエン酸を使ってみてください。
市販の洗剤も最近の製品は自然環境への影響を考慮したものが増えていますが、最初から自然成分だと分かっている重曹とクエン酸なら、さらに安心です。

洗剤独特のきつい臭いもありません。
たとえば市販のカビ除去剤は効果が高いものの、かなりきつい臭いを感じる人も多いはず。
しかし重曹とクエン酸でもしっかりとカビの除去が可能です。
臭いを気にせずにカビを綺麗にすることができます。

よくある使い方としては、200ccの水に小さじ1杯のクエン酸を溶かし、汚れにスプレーした上から重曹を撒く方法です。
汚れの成分が中和され、市販の洗剤に負けないほど綺麗に掃除できます。
重曹を少なめの水で練り、クリームクレンザーのように使うこともできます。

作ったクエン酸スプレーは1週間から2週間ほど保存可能です。
お風呂場だけではなく、洗面所やキッチン、トイレでも同様の効果を発揮します。

スプレーボトルを水回りに置いておき、気になる汚れを見つけたら、シュッと吹きかけておくだけで衛生環境を保ちやすくなるということもまたメリットでしょう。


浸け置きもお任せ!重曹パワーでバスタブもスッキリ

重曹の活用方法としては、浸け置きへの使用がおすすめです。
普段はシャワーでざっと流したり拭いたりするだけの風呂椅子や手桶、洗面器など、気が付くとちょっと嫌なヌメリを感じたり、黒ずみが見えたりしませんか?このような汚れには重曹が効果を発揮します。

バスタブの残り湯に、重曹を溶かしましょう。
その中に汚れが気になるものを沈めます。ひと晩ほど浸け置きし、翌日シャワーで流すとすっかり綺麗になっています。

浸け置きのためにわざわざ新しいお湯を張る必要はありません。
極端に汚れていなければ、ご家族が入ったあとの残り湯で充分です。
バスタブの残り湯に200ccほどの重曹を入れましょう。

この方法の意外なメリットは、「バスタブも綺麗になる」ということです。
バスタブには湯垢や皮脂が残っているものです。
重曹を使った浸け置きをするとき、ほかの物と一緒にバスタブの汚れも浸け置きする状態になります。

ひと晩経って浸け置きしたものを引き上げてシャワーで流したあと、バスタブの残り湯を抜いて、こちらもシャワーで流しましょう。
バスタブの気になっていた汚れも、落ちていることが分かるはずです。

ただ、残り湯を洗濯に使っているご家庭なら、重曹で浸け置きをしたあとの残り湯を洗濯に使用しないでください。
浸け置きで取れた汚れが残り湯の中に落ちているためです。
このときだけは新しい水を使いましょう。


頑固な汚れならプロの業者に依頼するのも良い選択

なごや水道職人は、名古屋市の緑区、中川区、昭和区、瑞穂区、熱田区をはじめ、名古屋市内で出張対応をしている水道修理業者です。
水道局指定工事店としての認定も受けており、安心してご依頼頂けます。

お風呂場やキッチン、トイレなどの水回りのトラブルは24時間年中無休で受付、早急に現場へ駆け付けます。
急を要さないとしても、気になることがあればご相談ください。


名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315