【水道局指定工事店】名古屋のトイレつまり・水漏れ修理なら「なごや水道職人」 » トイレのつまりは早めの対策が必須!応急処置の方法を紹介

名古屋 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレのつまりは早めの対策が必須!応急処置の方法を紹介

2020年02月04日 トイレのトラブル


トイレが急につまってしまったらどうしていいのかわからずに困ってしまう人も少なくないのではないでしょうか。毎日何度も使うトイレがつまってしまうと、生活にも支障をきたします。業者を呼ぶのがおすすめですが、業者が来るまでにご自身でできる応急処置はあるのでしょうか。

 

トイレのつまりの応急処置


トイレがつまってしまった場合の応急処置はいくつかあります。何がつまったかでも対応が変わって来るので、ケースバイケースで応急処置をしてみましょう。

 

・便器にぬるま湯を注いでみる

トイレにつまってしまったのが、大量のトイレットペーパーなど水に溶けるものだった場合、ぬるま湯を少しずつ流すことで自然と溶けることがあります。沸騰させたお湯は便器を破損させてしまう可能性がありますので、熱湯ではなくぬるま湯を少しずつ注ぎましょう。ぬるま湯を注ぐことで、もともと水に溶ける素材のトイレットペーパーがより溶けやすくなります。一気に注ぐと便器から水が溢れてしまうことがあるので注意してください。

 

・ラバーカップを使う

ラバーカップは「すっぽん」と呼ばれることもある、先端にゴム製のカップがついたものです。これを使うと便器の奥でつまってしまったものを引っ張り出せる場合があります。ラバーカップの先端を便器にしっかり当ててゆっくり押したら、勢いよく引っ張ります。こうすることでつまったものが出て来ることがあるのです。

 

ラバーカップを使うときは、便器内の水が飛び散ることがあるので、周りが汚れないようにカバーしておくことをおすすめします。また便器内にかなり水が溜まっているのであれば、ポンプなどを使って水をバケツに移しておきましょう。ただつまってしまったのが異物である場合、無理に引っ張り出すと便器を壊してしまう可能性があるので注意が必要です。

 

・パイプクリーナーを使う

市販のパイプクリーナーは、キッチンや洗面台の排水管のなかにつまってしまったゴミなどを溶かす効果がありますが、トイレのつまりにも効果的です。ただ便器のつまりを解消するためにパイプクリーナーを使う際には、便器内の水をできる限り抜いておくことで効果が高まります。水を抜いてパイプクリーナーを流したら、所定の時間放置しましょう。時間が経ったら水を少しずつ注いでみて、水位が上がらないようであればつまりは解消されています。

 

・ハンガーやワイヤーを使う

応急処置としてハンガーやワイヤーなどを使って、つまりを掻き出す方法もあります。ハンガーを使う場合はハンガーを解体して、先を丸めて細くしましょう。ワイヤーを使う場合も先を細く丸めて使います。ただ無理やり突っ込んで引っ張り出そうとすると、便器を壊してしまうこともあるので注意しましょう。

 

トイレの流れが悪いときに放置するのはNG


トイレの流れが悪くなってしまったとき、放置しているとつまりが直るという人もいます。確かにトイレットペーパーがつまってしまったときは、時間をおけば繊維が溶けてつまりが解消されることもあるのですが、必ずしも溶けきるとは限りません。

 

またトイレットペーパー以外のものをつまらせてしまったとき、つまりが自然に解消されることはまずなく、つまったトイレをそのまま使えば必ず水があふれてしまいます。お子さんがいるご家庭では、お子さんがイタズラしてしまっておもちゃやオムツ、生理用ナプキンなどを流すというトラブルもよく起きます。こういったものがつまった場合、対処しなければずっとつまったままなので、トイレが使えなくなってしまうのです。

 

異物を流して見えないところに流れていったからといって、そのまま水を流してしまえば確実に便器から水があふれてしまいますので、放置しないようにしましょう。

 

トイレのトラブルは大小に関わらず業者に相談


トイレのつまりはもちろん、トイレに関わるトラブルが起きたときや違和感を覚えたときは、些細なことであっても業者に相談することをお勧めします。トイレットペーパーがつまった場合は、応急処置で解決することもありますが、そうでない場合、ご自身で対処しようとすることでさらに悪化してしまう可能性もあるのです。

 

「わざわざ業者を呼ぶのはお金もかかるし…」と思ってしまうかもしれませんが、ご自身で対処しようとしてトラブルを悪化させた場合、結局高額な修理費用が必要になる場合もあります。トイレの修理であれば、よほどのものでない限り当日中に修理してもらえることが多いので、困ったら業者に相談しましょう。

 

応急処置で改善しないなら業者に相談を


トイレがつまってしまったら、つまりが解消するまでトイレを使用できません。自宅のトイレが使えないというのは、思っている以上にとても不便です。まずは応急処置をしてみることをお勧めしますが、改善されないのであれば迷わず業者に相談しましょう。

 

また、つまり以外でもトイレを使っていて「いつもと違うな」と感じたら、まず一度業者に診てもらうことをお勧めします。名古屋にお住まいの方は、ぜひ水道局指定店のなごや水道職人にお任せください。

 

 

名古屋のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「なごや水道職人(名古屋水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315

なごや水道職人(名古屋水道職人) 0120-492-315